大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

電話代行会社で働くのに向いているのはどんな人?

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/10/02
    

電話代行会社での勤務は、直接顧客と顔を合わせることがないため服装や髪型が自由なことが多く、勤務時間も柔軟に設定できることが多いといった理由から一定の人気があります。しかし電話代行の現場で働きたい場合は、どんな人が向いているのかを事前に理解しておくのが重要です。

電話代行の仕事には依頼主が存在する

会社勤めをしていると電話の対応は社員が行うケースがありますが、その場合は自分が働いている会社についての問い合わせであるケースが多いので問題なく対応できます。しかし電話代行会社で働く場合は、依頼者の電話を代行することになるので、依頼者の業種や職種などで電話対応をするときに必要になる知識に違いが発生します。

仮に電話代行の受付でしっかりとした対応ができない場合は、依頼者に対して損害を与えているのと同じになってしまうので、注意が必要です。そのため電話代行会社で働くのに向いている人は、幅広い豊富な知識を持っている人が該当してきます。冷静に物事を判断できて、どんな電話でも的確に対応できる人に向いている特徴もあります。

しかし最初から冷静に対応できるケースは少ないですから、電話代行会社側が研修を用意していることが多いです。研修をこなしていくことで、スムーズに成長していくことができますから、業務に不安がある人でもチャレンジしてみると活躍できる可能性があります。

お客さんの話を冷静に分析できる人が向いている

研修を頑張れば電話代行の業務に多くの人が適応できますが、向いている人と向いていない人は存在します。電話代行は電話でお客さんと会話をすることになりますが、お客さんが何を伝えたいのかを即座に理解する必要があります。

お客さんの要望をスムーズに理解できないと、お客さん側が不快な気持ちになってしまうので危険です。スムーズにお客さんが伝えたいことを理解するには、話をしっかりと聞き取る力と整理する力が求められます。

とくに、クレームや問題解決のために電話をかけてきたお客様には早い口調で要件を伝える、まとまりなく延々と話すといった場合もあるので、その場合でも何を伝えたいのかを聞き取ることが求められます。電話代行会社で働きながら、経験を積んでいくことで電話の対応力は磨き上げられていくので、少しの失敗で諦めずに継続することが大切です。

気持ちの切り替えが上手な人が向いている

電話代行会社で働くと日々の業務で多くの人と電話で会話をすることになります。相手も人間なので感情の起伏があり、冷静な人もいれば怒っているような人も存在します。オペレーターとして働くことで、クレームを入れてきたお客さんから怒られてしまうようなケースも存在するので、そのようなときの気持ちの切り替えが重要です。

上手に気持ちを切り替えることができなければ、精神的なダメージが蓄積してしまうので、電話代行の業務を続けるのが難しくなります。そのためストレスを溜めずに電話代行の業務を続けられる人が、電話代行会社で働くのに向いているといえるでしょう。

 

多くのビジネスの現場を助けている電話代行で働きたい場合は電話代行会社に就職する必要がありますが、いろいろな知識を持っている人が働くのに向いている特徴があります。お客さんが話している内容をしっかりと聞き取りながら、冷静に何を伝えたいのかを分析する力も必要です。

電話対応の研修を用意している電話代行会社もあるので、そのような会社で働けば電話代行で初めて働く人でもスムーズに成長していくことができます。またストレスが蓄積しやすい仕事でもあるので、気持ちの切り替えが上手な人が働くのに向いている特徴もあります。