大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

悪徳な電話代行サービス会社の特徴とは?

    

悪徳電話代行は不必要なサービスと手抜き業務で利益を獲得することが多く、場合によっては自社のブランドを傷付ける事案に発展する可能性があります。

それらは契約時に隠していることも多く、手段が巧妙化しているので特徴と見破る手段を把握することが重要です。

 

 

 

サービス概要を把握できない会社に注意してください

電話代行会社へ業務を依頼する際に料金プランの項目で追加料金の記載がない場合は悪徳電話代行会社の可能性が高いです。

特に格安を宣伝している委託会社は契約後の支払いでいきなり追加料金を請求することが多く、さらに悪質になると契約書にも記載されていないことがあります。

そして基本料金と題して詳細な数値が記載されている場所には明確なサービス内容を記載しておき、閲覧者を信じ込ませる手段を使ってきます。

反対に全ての料金設定を表示して契約書には小さな字で追加料金を記載しておき、契約者のミスリードを狙う手段を使う悪徳電話代行会社も存在します。

この場合は可能な限り契約書の記載内容も増やしている事例も多く、初めてサービスを利用する方は面倒に感じてしまい手軽に契約してしまった後に後悔します。

さらに分かりにくい事例では必要人材数が有名で、「以上」という言葉がスタッフ数と料金に記載され、ミスリードを狙ってきます。

そのプランを契約すると後になって電話代行会社側が必要だと判断したという名目で、莫大な人件費を請求して利益を獲得しようとするため注意が必要です。

創業年数と実績数から判断してください

電話代行会社のサービスは人間関係が中心になるので、実績数が少ないとイレギュラーな状況に適当に対応する悪徳業者が存在します。

最も多い事例が専門知識や技術が必要な窓口で、正確な対応を行う場合は一度技術部署に質問内容を確認しておき折り返し連絡します。

しかし杜撰な対応をする会社では専門スタッフの配置すら行っていないことも多く、現場スタッフの作業キャパシティーを大きく超える環境にしています。

さらにこれらの対応には長年現場を経験した作業員の存在も必要なので、創業年数が短い会社は契約を避けるべきです。

また創業年数が短いと他の会社とのコネクションが浅く、会社1つの人員で対応するようになり、それでも利益を挙げるために必要人員数をアルバイトで賄っている事例もあります。

それでもサービスが維持できない時には、現在の契約規模では対応できないことを伝えて契約外の料金請求を多段階に行ってきます。

最初は少ない料金請求にしておき徐々に高額請求にしていくので、金銭感覚の麻痺を誘発させる手口として定着しています。

頻繁に利用している会社から判断してください

悪徳電話代行会社は自社のネームバリューを高めるために、取引の安全性を強調し契約者の信頼度獲得を目論んできます。

頻繁に使用されている言葉は大手企業ですが、対象企業が記載されていない事例が多くどういった専門性のある電話代行ができるのかが分かりません。

また記載されてはいますが、企業側が24時間営業であるにも関わらず、悪徳電話代行会社側は午後のみの営業等サービス内容が合致していない事例も存在します。

また注意したい事例の中では海外対応ができないサービスが有名で、プッシュボタンシステムと音声録画で対応力をカバーしているため、応用力のある対応ができず連鎖的にクレームを発生させてしまう可能性があります。

 

電話代行会社が悪徳利益を獲得する方法は電話対応の現場を無視した行動に終始しており、中には違法性を把握されにくい形で料金を請求してくる企業も存在します。

同時に信頼性を高める手段も講じてくるので、利用者は感覚が麻痺して正しい判断ができなくなる危険性も存在し、そのタイミングで欠陥のある契約書を記入するように促してくるため注意が必要です。

なお、記載内容が正しくても料金プランの仕組みを利用した悪徳方法もあるので内容のミスリードに注意してください。