大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

短期間のみ電話代行サービスを利用可能?

公開日:2018/05/01  最終更新日:2018/04/12
    

短期間のみ電話代行サービスを利用可能?

 

 

多くの電話代行サービス会社のサイトを閲覧すると月単位の契約金額しか表示されていません
大手の会社や選択するプランによっては月毎の契約更新が一般的となっているようです
この1カ月という期間を長期とみなすか短期とするかは相対的な問題であり議論の対象となってしまいます。
ある会社の案内には「1日から6カ月の短期契約も可能」と書かれています。
ならば、その辺りを基準に考えてみても良いのかもしれません。

 

一日単位の電話代行サービスもある

不意のアクシデントや短期の外出のため、あるいは会社の休業・廃業のときに単発的に電話代行を利用する個人や企業も少なくありません。
話代行サービスの会社の中には、そのようなニーズに応えるために秘書代行を含めたサービスを一日単位で提供するところもあります。

 

冠婚葬祭やトラブルによる留守への対処

親族の冠婚葬祭や自然災害によるトラブルなどでしばらく会社を留守にしなければならない事態が生じたとき、電話応対ができなくなることがあります。
特に突然の訃報に接したときなど、あえて電話に出ることを避ける方も少なくありません。
短期で電話代行サービスを利用する理由のひとつです。
さまざまなプランがあり、一週間や一日単位で自在に更新することも可能です

 

休暇は楽しみたいが電話応対だけはしたい

休日を楽しむことは、よりいっそうの仕事の充実につながります。
GWや夏期休暇、お正月休みなどを快適に過ごすため、その期間だけ電話代行サービスを利用する方が増えています。
休暇は休暇として存分に楽しみたいけれど、せっかく軌道に乗りはじめた仕事のことも手放せないというのが実情です。
電話代行サービス会社としても、それぞれの休暇をあてこんだプランが各社目白押しとなっています。
選択肢が多いことは良いことで、コスト比較やサービス内容についてじっくりと検討することができます。
もちろん時間帯も9:00~19:00から24時間対応まで顧客ニーズに合わせたさまざまなプランがあります

 

プレミアムフライデーにも対応

2017年2月から経済産業省と経団連の強力なタッグによるプレミアムフライデーが実施されています
実際のところ導入しているのは官公庁や一部の大企業に限られているようですが、それでもデパートや行楽地などで金曜の午後からイベントが催されています。
また、東京などではオープンテラスのバーやビアガーデンで、明るいうちからグラスを傾けるサラリーマンを見かけることも増えてきました。
もちろん、プレミアムフライデーどころではない会社もたくさんあります。
金曜の午後に当たり前のように仕事をしている会社から連絡が入ることは少なからずあるでしょう。
そういう事態の対策として、プレミアムフライデーに対処するプランを設けている電話代行サービスもあるのです
社会の変化を見逃さない細やかな対処は電話代行サービスならではの柔軟さと言えます。

 

受付業務だけではない電話代行サービス

電話代行サービスは、かかって来る電話の応対だけではありません。
転送や秘書代行、あるいは発信業務を代行する業者もあります
この発信業務を業界用語でアウトバウンドと言います。
対になる受信応対はインバウンドと言います。
アウトバウンドの依頼は長期的なPR活動であったり、単発の契約であったりします。
短期と言えば短期での利用になります。
単発の依頼内容は告発的なものであったり、密告や忠告、本人から直接言いにくいことであったりとさまざまです。

 

短期間の利用で働き方改革も

電話代行サービスへの短期利用や単発的な依頼が可能であるとなると、これまでの社員総動員の猛烈な忙しさを和らげることができます。
会社としての休日はもちろんのこと、繁忙期の電話応対や突然のアクシデントにも社員に無理を強いることなく柔軟に対応することができます
また、社員それぞれが交代で長期休暇をとり、バカンス旅行に出かけることも夢ではありません。
社員の短期、あるいは長期の休暇の分を電話代行サービスに依頼すれば、まさしく働き方改革が実現するのではないでしょうか。