大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

電話代行会社に支払う勘定科目とは?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/03/02
    

近年人気を高めているのが電話代行サービスであり、電話代行会社を利用する企業は一昔前とは比べ物にならないほど増えました。電話代行会社は電話対応のプロであり、企業のイメージアップにつながったり、あらゆるメリットがあることは確かです。しかしいざ利用するとなると、電話代行会社に支払う勘定科目は何かで悩むのではないでしょうか。

一般的に使用される勘定科目について

電話代行サービスは業務委託料としての性質のものであり、外注費や支払手数料が一般的な科目とされています。しかし料金科目に関しては企業ごとに違いもあるので、それぞれの方針に従っておくことがトラブル回避につながるでしょう。

企業で使われている勘定科目から適切なものを選択するべきであり、経理や税理士に確認することで科目は簡単に振り分けることができます。電話代行業者への支払いは外注費で仕訳するという企業もあり、外注費となると源泉所得税の必要もありません。

外注費処理で月額契約となれば、毎月引き落としの際に処理すれば良いだけなので手間に感じることもないのではないでしょうか。代行に係わる手数料なので「支払手数料」です。

企業における勘定科目の必要性について

勘定科目は会社の取引による資産や負債、資本の増減だったり費用や収益の発生に関して、その性質をわかりやすく記録するために必要な分類項目です。会社の現金の入出がわかりやすくなり、電話代行サービスを利用したことによる金額も一目でわかるようになります。

本当に必要で無駄はないかを知るためにも、勘定科目は必要と言えるのではないでしょうか。個人事業主や法人の代表として、記帳をするときにわからなくなることが多いのが勘定科目であり、その定義は表示金額の内容を示す名称となっています。

勘定科目は自由に決めることができる

法律で定められているわけではなく、勘定科目は自由に決めることが可能となっているからこそ、電話代行サービスを利用したときには頭を悩ませるのではないでしょうか。これでなければならないというものはないので、わかりやすさをメインに考えておいて問題はありません。

法人ごとに独自の分類で記載することが可能であり、企業によって異なるということは頭においておくべきです。もちろん電話代行サービスとして利用した項目に関しては、毎回同じものに分類しておくことが必要であり、紛らわしくならないようにしておきましょう。記載する帳簿は社内だけではなく社外の人の目に触れることもあるので、誰でも理解できるものにしておく必要があり、一般的な勘定科目を使うことが好ましいと言えます。

一般に浸透しているものの方がスムーズに作業が進むので、無駄な時間を費やす必要がなくなります。どうすれば良いかで悩んだときには、会社の顧問弁護士に相談するのも一つの手段となっていますがそれほど大げさに考える必要はないことは理解しておくべきです。

 

企業で使用されている最適なものを選んだらそれで問題はありませんが、一般的には外注費とされていることが多く誰が見ても理解しやすいのではないでしょうか。どのような項目を選ぶかというだけではなく、内容に注目しておき無駄は省いていくことが大切です。

どのような部分にお金を使うのかは企業により自由ですが、電話代行サービスに関しては数多くの依頼先がありそれぞれ必要となるトータル費用やサービス内容には必ず違いが生まれます。だからこそ、項目を設けておき無駄を見直し不要な支払いを削減するためにも必要なことと考えておきましょう。