大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

電話代行サービスはどのような支払い方法がある?

    


サービスの提供を受ければ、その代金の支払いをしなければいけません。
同じ支払うのであっても、できるだけ支払いを先にできたり面倒な作業を減らせたりすると担当する社員も楽になります。
どんな方法に対応しているか確認してみましょう。

 

 

 

利用ごとの請求に合わせて振り込みをする

ビジネスにおいて電話を使うことが多く、社員が顧客に対してアプローチをすることもあれば、客先などからかかってくる電話に対応することもあります。
対応する社員が十分いるのであれば問題ありませんが、足りないときには運営の効率が悪くなるときがあります。
そのためだけに社員を増やすとコストアップになるので、あるサービスの利用を検討しましょう。
それは電話代行サービスです。

サービスにはいくつかあり、よくあるのは社内に社員がいないときに代理で受けてくれるサービスです。
それ以外に社員に代わってアポイントを取る代行サービスもあります。
それぞれのサービスで料金が異なり、毎月金額が変化するときがあります。

支払い方法としては、一定期間ごとに締め日があり、それに応じて請求書が届きます。
請求書に書かれた期限までに銀行振り込みをする方法があります。
請求書に振込先の銀行の口座番号などが書かれているので、そちらに支払えばいいでしょう。
総合振込サービスであれば、振込先を登録しておけるので口座番号などの間違いを無くせます。

定額サービスなら引き落としが便利

電話代行サービスを利用すると、業務の効率化を図れます。
業者によって提供するサービスが異なるので、自社に合ったサービスを選択するといいでしょう。
代行の名の通り、電話を通じて行う業務の代行をしてもらえます。

本来社員が行う部分を業者に行ってもらえるので、その分の社員をわざわざ雇用しなくて済みます。
一定の利用料金はかかるものの、人を雇用するのに比べるとコストはそれほど多くないでしょう。
気になるのは利用料金の支払い方法です。

それぞれの業者でいくつか用意してくれる時がありますが、もし固定サービスを利用するのであれば銀行口座から直接引き落としてもらうと良いでしょう。
毎月金額が変動するとき、請求書の内容をきちんとチェックして請求金額に問題がないかを調べないと行けません。
固定サービスは、受けるサービスと支払う金額が固定されているので、金額自体を調べる必要がなくなります。
金額や内容を調べる必要がないので、利用した月分を自動的に支払える仕組みを利用した方が手間はかかりません。

法人用のクレジットカード対応もある

クレジットカードといえば支払いの時に便利な仕組みです。
一定期間に発生した支払い金額をまとめて翌月などに支払えます。
リボ払いや分割払いになると利息が発生しますが、翌月一括払いなら利息は不要です。

翌月でも1か月から2か月ぐらい通常よりも支払いを先に延ばせるので資金繰りが助かります。
電話代行サービスを受けた時の支払い方法として、法人用のクレジットカードで行う方法が利用できるかどうか確認しておきましょう。

クレジットカードには個人用も法人用もあります。
法人用ならではの特典などもあるので、支払い時に利用することもあるかもしれません。

一番のメリットは支払いを先に延ばせるところでしょう。
サービス提供先の期限にクレジットカードから支払いをしてくれ、その支払いは1か月近く先になります。
他の経費もクレジットカードを利用して支払っていると、それらも先延ばしにできるので楽になります。
クレジットカードでの支払いに対応してくれる業者はあまりないので、契約をするときに一応交渉してみましょう。

 

サービスによっては、毎月固定の場合と毎月変わる場合があります。
毎月固定額であれば、金額のチェックなどはあまりいりません。
銀行引き落としだと楽でしょう。
金額が変わるなら振込みがお勧めですが、クレジットカードなら支払いを先に延ばせます。