大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

社員マナーが行き届いている東京都内の電話代行会社とは?

    

社員マナーが行き届いている東京の電話代行会社

 

東京都内の電話代行サービスをしてくれる会社を探すなら、どんな部分に注意すべきでしょうか。
そこでここでは最近よく聞く電話代行について、サービス会社を選ぶ目安やオプションの内容についてわかりやすくご紹介します。
これから東京の電話代行会社を利用しようとお考えの方はぜひ参考にしてください。

 

電話代行サービスは究極の社員マナーが問われる

電話関連のサービスというとテレホンアポインター(電話営業)やコールセンター(通販等の電話受付サービス)などを連想します。
これらのサービスから思い起こされるのは「電話している方がどんな感じの方なのか」ということです。
つまり顔が見えないので、話し方や言葉遣い・簡潔さが要求されます。
そして何より重要なのは社員マナーが徹底していることです。
先ほどの話し方・言葉遣い・簡潔さ以外にも、曖昧な話をしない、お客様に不愉快な思いをさせないということも必要です。
声が小さい・トーンが暗いということも注意しなければなりません。
つまり電話代行サービスは究極の社員マナーが問われる仕事で、対面で仕事をする以上に気を使わなければならないということです。
それには電話代行サービスを行う会社が徹底して社員教育しておかなければなりません。
実は一般企業でも電話応対という仕事は非常に難しいと言われています。
以前なら、先輩社員が電話応対を現場で教える、新人教育の時に教えるということが一般的でした。
ところがいまでは電話よりSNSなどのインターネットツールが発達しているので、若者を中心に電話応対が苦手という方が増えていると言われています。
このようなことからも電話代行サービスは社員マナーが行き届いた会社に依頼する必要があるということです。

どんな会社に依頼するとよいのか?

電話対応するのはそれなりにスキルが必要です。
勘違いされやすいのが、「たかが電話だ」ということでコスパが良いところを選びがちです。
ところが注意したいのは実は電話代行会社によっても得意・不得意領域があるということです。
一見するとウェブサイトはどれもよさそうに感じてしまいます。
ところが中には自分の会社の業種が得意でない、お客様の名前を何度聞いても(特殊だと)間違える、オーダーメイドが出来ずにどの会社も同様のプランしか利用できないといったことです。
一番あり得ないのは、自分の会社の業種や仕事が理解できないという電話代行会社です。
これは最初に営業した方が理解していても、実際に仕事を行うオペレーターは違う場合があり、どのような研修やカリキュラムを行うかによっても、電話対応の質が変わります。
もちろん完全オーダーメイドなら問題の発生も少なくなるでしょうが、一番重要なのはオペレーターの品質が担保されているかどうかです。
多くの電話代行業者は、きちんと研修や経験がある人材がいるはずですが、電話内容に沿ってその時に「臨機応変」な対応が可能かどうかということがカギになります。
そのためには依頼する側が最も大切だと思うこと、自社のサービスにとって必要なこと、どんなことをお客様に伝えたいかということをとことん業者と話し合い、マニュアルをきちんと作っておく必要があります。
ただ安い、コスパが良い、オプションが豊富(特定時間だけ延長、希望の予算内で受けられるオプション等)だからと言って費用優先で選ばないようにしましょう。
最初に見積りを比較して、臨機応変な対応ができるスタッフがいるか、依頼側の事業に対して理解できるかどうかをある程度時間をかけて確認してみましょう。
そして「これだけは自分の会社としては譲れない」という部分に関して、電話代行会社に依頼してみましょう。
その結果、初期のコストより上がったとしても、会社の顔である電話代行会社がうまく稼働すれば、自然に売り上げも上がるはずです。
電話代行は非常に重要な部分なので、値段だけに惑わされずに選ぶようにしましょう。