大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

オートコールシステムを使ってサービス向上を図ろう

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/08/20
    

オートコレクトシステムという言葉を聞いたことはありますか。まだあまりなじみが無い言葉のため、もしかしたら聞いたことがない方も多いかもしれません。

そこで今回はオートコレクトシステムについての紹介やメリット・デメリットを紹介したいと思います。

オートコールシステムとは?

オートコレクトシステムとは自動で電話を発信できるシステムのことです。最近、電話に出たら「これは世論調査のための電話です。」や「この電話は新サービスについてのご案内です。」というような自動音声が聞こえたことはありませんか。それがオートコレクトシステムです。

このように調査や営業活動用の自動音声を対象の人たちに一斉に架電することで、コスト削減や効率化を図れるだけでなく、顧客開拓にも繋げることができます。

オートコールシステムの活用例

次にオートコールシステムを活用している具体例を紹介します。

①アンケート調査

選挙前の世論調査や商品のアンケート調査などのため、対象世帯に一斉に発信し調査を行います。こちらは聞いたことがある方も多いかもしれません。

自動音声で質問を流し、電話ボタンで回答を行う方法になります。

②集客案内

イベントやキャンペーンの案内で活用します。自動音声のため、受信側も圧迫感を感じることなく参加可否を回答できるため、集客しやすくなります。

③支払督促

未払料金の督促にも活用されます。自動音声の電話に出れば、未払料金の支払状況や可否の確認ができると共に、電話に出た人たちをリスト化できます。

④新規開拓営業

顧客で無い人たちに向けて新商品やサービスの案内もできます。オートコールシステムを活用することで、興味のない人はすぐに電話を切ることができるし、興味がある人はそのまま案内を聞くことができます。

そのため契約見込みのある顧客を短時間で振り分けることができ、集客の効率化を図ることができます。

オートコールシステムのメリット・デメリットは?

次にオートコレクトシステムのメリットとデメリットを紹介します。

・メリット・

①短時間で大量発信が可能

大量発信を行うとなると、たくさん人手が必要になりその分人件費が発生してしまいます。また労務管理・教育などで時間や労力を消費してしまい、その分の時間を電話に当てることができなくなります。

でもオートコレクトシステムを使えば、短時間で大量発信が可能なため時間短縮になり、また新たな労務管理も発生しません。

②コスト削減が可能

オートコレクトシステムは1通話当たり5~20円くらいと、オペレーター発信やダイレクトメールと比較して低コストのため、企業の経済負担が軽くなります。

③電話時に警戒されにくい

特に新規開拓の営業電話だと、どうしても受信側は警戒しがちで断られることが多く、中々顧客獲得につながりにくいことが多いです。

ですが、オートコレクトシステムを使えば、案内しているサービスや商品に興味のある人たちが絞りやすくなるため、顧客獲得がスムーズにできるようになります。

・デメリット・

①携帯電話への発信ができないことが多い

オートコレクトシステムは固定電話向けのシステムが多く、携帯電話には対応してないことが多いです。

②一人暮らしをしている人たちの案内や顧客獲得が難しい

①と関連しますが、一人暮らしをしている人たちは固定電話を所持していないことが多いため、オートコレクトシステムによる案内が難しいです。

③音声対応が苦手な人たちには効果が得られにくい

自動音声は人の肉声とは異なるトーン・声色のため、警戒心や不快感を感じてしまう方も一定数います。

まとめ

今回はオートコレクトシステムについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。状況に応じてこのシステムを活用すれば、オートコールシステムでサービス向上を図ることができます。

また企業にとっては効率化や顧客獲得ができるため、更なる売上向上や業績向上に繋げることができそうです。是非活用してみてください。