大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

電話代行はサービス業と相性がよい?どの業界におすすめか解説!

公開日:2022/10/15  最終更新日:2022/09/02
    


電話応対の依頼を受け、依頼人に代わって、社外からかかってくる電話の応対を行ってくれる「電話代行サービス」。この電話代行サービスはサービス業と相性がよいといわれています。それでは、なぜサービス業と相性がいいのでしょうか。本記事ではその理由について詳しく解説します。サービス業の方は、ぜひ参考にしてください。

電話代行はサービス業と相性がよいとされる理由

サービス業においては、店舗の情報案内や予約受付などで電話がかかってくることが多いですが、一方でお客さんの対応に追われることも多く、電話応対の工数をまかなうためには人を多く配置するか少ない人員で無理やり対応するしかないことも多いです。

また予約受付や経路案内などは比較的定型的な電話応対となるため、スタッフが直接対応しなくても応対が可能という特徴もあります。こういった電話応対をアウトソースすることで「スタッフ数」「人件費」「就業時間」「就業環境」などを改善できるため、電話代行はサービス業と相性がよいとされるのです。

飲食業やアパレル業におすすめ

飲食業やアパレル業における電話応対業務は、お店の営業時間の電話応対や経路案内、予約受付などが多く、比較的定型的な応対内容であるといえます。一方で、営業時間中はほかのお客さんの対応で忙しく、なかなか電話の対応をする余裕はないですし、営業時間外の問い合わせなどには店舗に従業員がいないことで対応できず、機会損失につながる可能性も孕んでいます。

こうした定型的な対応や営業時間外の問い合わせにおいても、電話代行でアウトソースすることで店舗スタッフやお客さん双方にとってメリットが生じるといえます。また、コロナ禍において店舗スタッフの出勤人数を抑える必要がある近時においては、とくに電話代行でのアウトソースのメリットが大きくなっています。

ホテルや旅館にもおすすめ

ホテルや旅館といった宿泊施設・宿泊サービスにおける電話応対業務は、主にお客さんの宿泊予約や宿泊に関する問い合わせが多いです。宿泊施設・宿泊サービスにおいても、フロントでほかのお客さんの対応や部屋の掃除、アメニティの補充など多岐にわたる仕事を行いつつ、これらの電話応対を行う必要があるため、電話応対に対するスタッフの負担は非常に大きいものであるといえます。

また、コロナ禍で訪日外国人の数が減少しているとはいえ、外国人のお客さんからの問い合わせなども考えると、スタッフに語学力まで求めることになり、厳しい労働市場においては人材の確保が非常に難しくなってしまいます。

さらに、少子高齢化により日本人労働者の確保も難しく、外国人労働者にフロントなどの業務を担っていただく必要が増えてきています。これらの業務も、語学スキルを充分に備えたスタッフを擁している電話代行にアウトソースすることで大きなメリットを感じることができることでしょう。

まとめ

今回の記事では、電話代行の簡単な紹介とあわせて、電話代行がサービス業と相性がいいサービスであるということを解説しました。定型的な応対や予約受付などが中心となる飲食業や宿泊サービス業は、とくにこの電話代行というサービスとの親和性が高い業種であるといえます。また、お客さんの対応が忙しいなかでの営業電話や迷惑電話などもスタッフは応対している余裕はないというのが実情であると思います。こういった電話の応対業務をアウトソースすることで、そのリソースをほかの業務に振り分けることができるので、少人数で店舗・施設を切り盛りしなければいけない業種において、その威力を発揮できるのです。