大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

自分の代わりに電話連絡をしてほしい!電話代行に依頼は可能?

公開日:2022/07/01  最終更新日:2022/07/22
    


仕事や学校を休みたい、意見を伝えたいけれど自分で言うのは難しい、そんなときは電話代行業者を利用するという手段があります。依頼内容を伝え必要な料金を支払うことで、自分の代わりに電話をかけてくれるというサービスです。今回は、電話代行の主な事例や依頼する流れについて詳しく解説します。

自分の代わりに電話連絡してもらいたい

用事があってどうしても仕事を休みたいけれど、自分で電話をかけてもうまく伝えられる自信がない人もいるでしょう。ただ、家族にお願いしようとしても仕事に行くよう促されたら意味がありません。そんなとき、電話代行業者に依頼して代わりに電話してもらうという方法をおすすめします。

そのほか、伝えたいことがあるけれど自分が言ったとばれたくないときや、トラブルが起きた相手と電話しなければいけないけれど冷静に対応できない場合など、さまざまなケースで代わりに電話連絡してもらうことが可能です。

代わりにしてもらえる電話連絡事例

実際に電話代行を利用した事例を紹介します。バイトをやめたいと考えているけれど、店長や店員に圧をかけられてしまいやめると言い出せない雰囲気になってしまったとします。本来相手が悪いのですが、怖い相手に電話をかける勇気が出ないのは当然のことです。

そこで、声や年代が近い電話代行業者のスタッフに依頼して毅然とした態度で電話をかけてもらい、無事に仕事をやめられたというケースがあります。

■クレーム処理も可能

一緒に勤務している同僚や上司の態度が悪く働くうえで支障をきたしているが、自分がクレームを入れたと知られるとどのような対応をされるか分かりません。最悪、無視やいじめに発展してしまう恐れがあります。そこで、第三者を装い電話で報告してもらうことで、問題を表面化し社内でそれを解決する流れに持っていけたとのことでした。

■問題解決に一役買うケース

パートナーが不倫している可能性がありその相手の目星もついているけれど、自分が接触しても冷静に対応できずかえって不利な状況に追い込まれてしまうかもしれない。そのような場合に、自分になりすましてもらい不倫相手に電話をかけ必要な情報を聞き出してもらうのです。同様に、パートナーが本当に会社に出勤しているかどうか確認したいけれど、自分で会社に行ったり電話をかけたりすることに抵抗があるという悩みを解決するため、代わりに電話をかけて在籍確認したというケースも。このように、問題解決のために電話代行が役立つことがあるのです。

代わりに電話連絡を依頼するときの流れ

まずは落ち着いて自分の悩みをまとめてください。内容がきちんと電話代行業者に伝わらなければ意味がありません。そして、それを業者に伝え料金体系や依頼の流れについて話をまとめていきます。このとき、見積もりを出してもらってその料金の中に何が含まれているか、追加料金が発生するのはどのようなケースかなどについて確認しておきましょう。

双方が合意したら代金を支払い、より詳細な打ち合わせに進みます。依頼者の希望に合わせて電話する時間や内容を確定し、実際に電話代行を実行してもらってください。その後、電話したという報告と相手からどのような反応が返って来たかという報告を受けます。電話代行業者は細かい設定にも対応してくれるため、どんな些細な要望でも伝えておくことをおすすめします。

 

電話代行業者はどのような内容に対応してくれるかということを紹介しました。犯罪に加担したり未成年が親の保護の範囲外で危険に巻き込まれたりするようなものは受けてもらえませんが、基本的にはどのような内容にも対応してもらえます。悩みや不満、怒りを1人で解決できない場合、電話代行を利用する方法があることを覚えておいてください。