大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

なぜ電話代行サービスの需要が高まっているのか?その理由を解説!

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/10/08
    


ビジネスにおいて、電話対応は必須業務となります。どのような企業でも1日に数回の電話を受けているのではないでしょうか。この電話対応で、電話代行サービスを利用するケースが増えているといわれています。今回は、電話代行サービスの需要が高まっている理由をまとめてみました。導入したいと思っている方は、チェックしてみてください。

Eコマースが拡大しているから

電話代行業務の利用が増えていることと、Eコマースの拡大は関係が深いです。ネットショップ事業は、年々増加していてコロナ禍でますます需要が増えたといえます。市場が拡大するなか、企業では問い合わせや受注業務などを行える体制を整えなければいけなくなりました。受注センター、カスタマーセンターなどの業務で電話代行業者が利用されています。また、副業での個人のネットショップ運営者も増えていて、電話代行サービスで電話の一次受けをするというケースが出ています。

急速に普及したテレワークの存在

近年、テレワーク化が一気に加速しました。国がテレワークを推奨したことで、企業がテレワークを行えるように取り組んだからです。そこで注目されたのが電話代行サービスでした。会社にかかってくる電話は、在宅勤務では受けることができません。

しかし、電話代行サービスを利用すれば、代行業者が一次対応し、担当者に連絡をしてくれます。これにより在宅勤務が可能になるのです。もちろん、電話代行サービスを利用することだけで在宅勤務が可能となるわけではありませんが、電話対応という部分で考えると、テレワークを実施しやすくなるといえるでしょう。

働き方改革の影響

電話代行サービスの需要が高まっている理由として、働き方改革の影響も挙げられます。働き方改革では、とくに時間外労働に対しての規制が厳しくなったため、企業は残業をしないで業務時間内で仕事を終えるように徹底しなければいけなくなりました。これにより、時間外にかかってきた電話は受けないという体制にしている企業もあります。しかし、時間外に大事な電話がかかってくる可能性もあるのです。

そこで、電話代行サービスに時間外の電話を受けてもらうという利用の仕方をしている企業もあります。これにより、大切な電話も取りこぼしをしないで受けることが可能です。電話代行サービスは、短時間の利用や、営業開始前、営業終了後、休憩時間、土日や祝日などの対応というように選ぶことができるので、自社の希望する方法で導入しやすくなっています。

DX化の浸透

現在最新の情報通信技術を導入していくことが進んでいて、企業でも社内のDX化は勧められています。生産性の向上や、顧客満足度向上のためにDX化は避けることができません。このような中で、AI技術を活用した電話代行サービスも注目を集めていて、普及し始めています。

個人事業主での利用も

電話代行サービスは、個人事業主の利用も増えています。たとえば少人数で経営している美容室やエステサロンなどでは、施術中に電話対応ができないため電話代行サービスに対応をお願いするケースがあります。

また、フリーランスで仕事をしている人も、外出中や出張中にオフィスにかかってくる電話を受けてもらうことで、ビジネスチャンスを逃さないようにしています。他にも、個人で行われている家事代行サービスでも導入されていて、作業をしている時にかかってくる電話を受けてもらっているなど、幅広く利用されているのです。

 

電話代行サービスの需要が拡大している理由と、どのようなシーンで利用されているのかを紹介しました。電話代行サービスを行っている業者はたくさんあるので、自社に合う導入方法を検討するようにしてください。