大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

電話代行会社を探すなら!おさえておきたいポイント

公開日:2020/12/15  最終更新日:2021/01/12
    


電話代行会社の中には、IT通信業界に強い会社や通信販売業界に強い会社など、それぞれで得意分野が異なります。そのため、過去の取引実績をチェックした上で最適な会社を探す必要があるでしょう。数ある電話代行会社の中から、最適な会社を探し出すのは簡単なことではないので、ここでは会社選びに失敗しないためのポイントを詳しく紹介します。

サービス内容の確認は重要なポイント

電話代行会社を探す際におさえておきたいのは、どのようなサービス内容を提供しているかをしっかり確認することです。不在のときだけフォローできる電話代行会社を選ぶ場合は、電話転送サービスを行っている会社を探せば基本的には問題ありません。

このシステムを採用している電話代行会社は気軽に契約できることから人気も高く、サービスの質も大差があるわけではありません。そのため、居住地や事務所の所在地に近い電話代行会社を選ぶことがおすすめといえます。また、事務員として電話代行会社を選ぶ場合は、料金よりもサービス内容を重視することが大切です。

備えているサービス内容は電話対応の他に会社案内や伝言サービス、求人受付などがあります。業種それぞれで必要となってくるサービス内容は違うものの、基本的には自社の事務員と同じような受け答えができる電話代行会社を選ぶことができれば、契約した後に不満を感じてしまう可能性を少なくできるでしょう。

契約ユーザーの数もチェックすべきポイント

信頼できる電話代行会社を探すためには、契約しているユーザーの数に注目するのも大切です。契約しているユーザーが多いことは、信頼度が高いということだと考えられます。また、契約ユーザー数をあらかじめチェックしておくことが大切です。

さらに、運営歴の長さを調べておくことも重要で、長く運営している企業であれば、ユーザーに対するサービスが充実している傾向にあるでしょう。料金に対する費用対効果の高さも期待できます。また、実際に会って担当者とやり取りできる場合は、サービスに関する考え方や企業としての取り組みを聞いてみるのもおすすめです。

契約の打ち合わせは実務的な話が中心となってしまいますが、会社としてのビジョンなども聞いた上で信頼できる企業か確認しておきましょう。その会社の信頼度を図ることが可能になるのです。企業概要などをチェックし、運営歴やサービス内容などの違いを他社と比較しながら探すことが重要なポイントになってきます。

電話代行会社を探す際に注意すべきこと

電話代行会社を探す際の注意点は、料金システムをしっかりと確認しておくことです。とくに定額制と従量課金制のどちらが採用されているかをチェックしておくことが大切になります。定額制の場合、コール数に関係なく月額で一定の料金が徴収されますが、定額制ではなく無制限対応と表記されている会社でも同様に数を気にすることなく電話代行を依頼できるようです。

逆にコール数が少なかった場合では割高になってしまいます。それはある程度多めのコール数が入電することを見込んだ無制限設定の価格となっていることが理由となっていることが多いようです。数多くのコール数が予想される場合では、定額制の会社を検討してみるのもおすすめといえるでしょう。

従量課金制の場合は、コール数に応じて利用料金が変動しますが、あまり電話がかかってこなければリーズナブルな利用料金で済ませることができます。そのため、電話代行サービスの占めるウエイトが低くても問題ないという人に適した料金システムとなっているのです。

 

電話代行会社を探す際は、サービス内容と料金システムのバランスを重視することがポイントです。どのような電話対応が得意分野なのか、自分のニーズと電話代行会社の方向性が一致しているかどうかなどを意識しながら選ぶことが大切になります。