大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

電話代行会社を比較するポイント

公開日:2021/03/01  最終更新日:2021/03/03
    


近年では電話代行が普及した為、こうしたサービスを提供する電話代行会社も増えてきました。その為、いざサービスを利用したくても、沢山あり過ぎてどの会社を選んだらよいか分からないという場合も少なくありません。 では沢山ある電話代行会社の中から1つを選ぶ場合、何を比較したらよいかポイントがあるので詳しく見ていきましょう。

料金プランはどうなっているかをチェックする

電話代行会社を選ぶ場合、いくつかある比較ポイントの中でも重要なのが料金です。大体どの電話代行会社も月額制をとっている所が多いので、まずは月額基本料を見てどの会社が一番安いかを見ると良いです。

しかしそこだけで決めてしまうのは少し気が早すぎます。何故なら基本料が安くても、月額料金内のコール数を超えると別途料金がかかるからです。その為月額のコール数も比較しておくと良いです。特に基本料金が安い所でも、コール数を見てみると平日は5回までと厳しい制約がある所も少なくありません。

そこで大体の基本単価というものを知っておくと良いです。月額料金が1万円でコール数が100回というのが平均なので、これを基準にすると料金設定が高いか低いかが分かりやすいです。もちろん月に70回しかなかった場合でも、残りの30回分の料金を返金してくれるという事でもないので、自分の会社で月に何回位コールがあるのかを調べておく必要もあります。

代行依頼が出来る時間帯をチェックする

電話の代行依頼が出来る時間帯を比較するという事も重要です。電話代行会社が対応している時間帯は「平日の営業時間内」と「休日祝日夜間」に分けられます。

料金的な事を言うと「平日の営業時間内」だけ依頼した方が圧倒的に安いです。しかし「休日祝日夜間」も合わせて、24時間365日対応にするとかなり料金は高くなってしまいます。その為、自分の会社の場合はどこの時間帯だけ依頼するのかを決めておくと良いです。

「平日の営業時間内」だけにするのか、それとも「休日祝日夜間」だけにするのか、もしくはその両方かの3択になるので、自分の会社に合わせて必要なタイプを選択すると費用も最小限に抑える事が出来ます。

あと注意しなければならないのが、電話代行会社の中には平日だけしか対応していないような所もあります。その為、夜間や休日そして祝日も代行が必要な場合は、こうした会社を選ばないように契約する前にきちんとチェックしておきましょう。

どれ位のサービスクオリティがあるかをチェックする

電話代行会社にどれ位のサービスクオリティがあるのかも重要な比較ポイントです。特にオペレーターの電話対応の質は非常に重要です。例えばシンプルな内容を定型で行うだけのものもあれば、個別案件にもしっかりと対応出来るというものもあります。

さらには多言語にも対応可能というようなものもあり、料金もそれぞれ異なります。当然シンプルなものほど安く、個別案件対応は高くなるので、自分の会社ではどれ位のクオリティが必要かも事前に調べておきましょう。 また大切な情報を扱う事も少なくない為、コンプライアンスの意識が高い電話代行会社を選ぶというのも欠かせません。それから施設環境やシステムインフラ等で、セキュリティ面がしっかりとされているかも重要です。

では具体的にどうやってサービスの質をチェックしたらよいかというと、大体の電話代行会社はコールセンターを地方や海外においてある事が多いので、直接施設に行ってチェックするという事が難しいです。その為用意された資料を見たり、担当者の話を聞いて判断するしかありません。

そこで複数の会社から資料を取り寄せて比較する事で、それぞれの会社の特徴が見えて来るので、とにかく1社だけでなく、複数の会社から資料を取り寄せる事が重要です。 そして少しでも気になる事があれば、担当者に問い合わせてみて、そこで丁寧に対応してくれるかも大きな判断基準になります。

 

電話代行会社を選ぶ時の比較ポイントは、まず料金です。ただ安さだけでなく、月額の限度コール数も見ておくと良いです。 また代行依頼出来る時間帯もチェックしておく必要があります。料金が変わって来るので、依頼するのが平日だけなのか、それとも休日祝日夜間もなのかも決めた上で比較すると良いです。 他にもオペレーターの質や、コンプライアンス意識の高さ、さらにはセキュリティの充実等も合わせてチェックしましょう。