大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

電話代行サービスのお試しはできる?

公開日:2019/01/01  最終更新日:2018/12/18
    

電話代行サービスを初めての経験として活用する、使用中のサービスから他の会社へ乗り換えを想定しているなどを想定している方は、とりあえずはお試しプランを活用しましょう。

電話対応につきましては会社の顔と言い切れます。

貴重なクライアントの対応を委託するわけですから、リスクは可能な限り回避したいところです。

目に見えないサービスであるが故に、契約の取り交わしの前に試用プランを使って現実的に求めているレベルのサービスを供与してくれるかリサーチする必要があります。

ユーザビリティーの良さをチェックすることが大事です

折角のテスト期間中、単純に活用しているだけでは良いサービスかどうかを確かめることは不可能です。

期間中に確かめるべきポイントがありますので、しっかりと理解することが重要になります。

まず大事なポイントとして、使い勝手の良さのチェックがあります。 現実の上で成約した後のことを考え、ユーザビリティーに問題がないかリサーチしましょう。

ひとつの例として9:00から17:00で委託をしたが、17:00以後の電話が多々あった、月末締日は応対に追われたといったプログラムと現場のギャップや業者とのコミュニケーションは円滑か、リクエストした中身に合わせくれたかといったサービスに関することなど、現実の上で活用してみないと分からないことをテストプランのうちにリサーチしておけば、契約する時に最適なプログラムを選択できます。

サービスの範囲やオペレーターの質を確かめましょう

また、チェックするための大切なポイントとして、サービスが適用される範囲があります。

専門業者やプランニングによって、サービスが適用される範囲は多種多様です。

基本的な電話対応のほかに、即時電話連絡やEメール連絡さらにスケジュール登録や時間外アナウンスなどがあります。

それからヒアリングに関する業務やオーダー対応などがプログラムに含まれている専門業者とオプションとして別料金となる専門業者がありますので注意が必要になります。

お試し期間内に欠かすことができないサービスを明確にしておくと無駄がないといえます。

さらに、オペレーターの質もポイントです。

取引相手やクライアントの対応をするオペレーターのクオリティは重要なファクターです。

期間中にクレームがこないかは言うまでもないことですが、ハイクオリティーの処理を実施するために実際的に行っていることやオペレーターのモチベーションをキープするためにしている活動など、専門業者に聞いてみるのもひとつの方法といえます。

プランを活用する上での注意すべき点

契約の取り交わし前に積極的に活用したいお試しプランですが、注意すべき点があります。

ひとつは、確定された日数の期間が終了するとオートマティックに更新されて契約の締結となることです。

期間でサービスにフラストレーションがあっても、専門業者へと連絡しなければそのままの状態で契約を締結することになるので頭に置いておくようにしましょう。

また、原則として無料ということではなく返金対応であることです。

お試しのプラン契約する時に料金を払って、契約の取り交わしとならなければ返金という一連の流れですから、スタート時に費用が必要になってきます。

業者によってもまったく違うため、プランの契約を交わす前にチェックしておくことが大事といえます。

せっかく電話代行を利用しはじめても使いにくければ話しになりません。

代行サービス導入を判断できずにいる担当者が、決定しきれないのも現実的に使えるのかというところが心配だからといえるでしょう。

そのようなときに、積極的に活用しておきたいのが、お試しサービスといえます。

サービスの中身はそれぞれの会社ごとに多種多様ですが、多くの場合一定期間現実のサービスをフルに活用することができます。

活用してみることで解消できる疑問点も多く、とりわけはじめて代行サービスを活用する人は試しておくべきといえるでしょう。