大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

細かい仕事にも対応!電話代行のおもなオプションサービスとは?

    

主なオプショナルサービス

 

電話代行サービス会社には主に電話を受けて連絡する、メールを送信する以外にも色々な細かい仕事に対応したオプションサービスがあります。おそらくあまりに豊富なので初めてご覧になる方はかなり驚かれるのではないでしょうか。

ここでは便利な電話代行会社のおもなオプションサービスについてご紹介します。

 

 

色々なオプションサービスがあります!

電話代行サービス会社には各社によっても細かいサービスがあります。例えば普通の電話代行会社はコース設定がされている場合がほとんどです。そのコース設定に付加サービスとしてオプションサービスを付けていきます。例えば通常サービスとして電話対応(基本対応)、外出時対応、クレーム一次受付対応、簡易受付(応募・セミナーなどの窓口)などがあったとします。これに転送や連絡、メール、在籍者登録、要件振り分けなどを行います。ここまでは通常対応とするとオプションは以下のような場合になります。

土日休日対応、時間延長サービス、日報・データ集積連絡、専用電話番号利用、複数メールアドレス一斉送信、住居(レンタルオフィスサービス)、私書箱サービス、EC受付サービス、求人窓口サービスなどです。

またかかってきた電話のデータを分析するサービス、マーケティング代行サービス、テレアポサービスなどもオプションサービスとして用意されています。ただしこれには会社によっても得意・不得意(マーケやテレアポ)があるようです。

オプションサービスがあらかじめセットされている場合も有る

上記のオプションサービスを通常プランとしてサービスを成立させている会社があります。例えばすでに24時間対応になっている、365日対応しているといったプランがある場合です。さらに03、050、06番号から番号を選択できる、0120のフリーコールが付いている、住所貸しが可能といったオプションがあらかじめセットされているコースもあります。これらの差は当然月額利用料の差にありますが、オプションセットを考える場合の目安になります。

つまり他社でオプション扱いになっていても、別の会社ならあらかじめセットされたコースが用意されていることがあります。その場合、ご自分の事業や営業を考えてどちらの費用対効果が良いかを比べてみてから選ぶとよいでしょう。一般的には価格がリーズナブルな電話代行会社を選ぶと、時間外や延長などはオプションになっている場合が多いようです。もちろん電話代行以外のサービスはたいていがオプションとなっており、特にシェアードオフィス、レンタルオフィスは注目されているオプションサービスです。

ここまで進化した電話代行サービスのオプション

先ほどもお伝えしたシェアードオフィス(オフィスをシェアして必要な時だけ利用する方法)、レンタルオフィス(1名から複数名まで格安でオフィスブースが借りられ、必要機材が利用可能)、バーチャルオフィス(住所・電話貸し)などがあります。これらは起業や一時的な事業拡大のために、手ぶらで事業を始められる画期的サービスです。

実はこの分野はバーチャルやレンタルオフィスという専業の業者がいます。ところが最近は電話代行会社がこのような専用業者と組む、独自のサービスとして展開するようになりました。秘書サービスや電話代行を依頼するなら、シェアオフィスやレンタルオフィスのニーズは親和性が高いでしょう。また会社によっては私書箱を利用できる、郵便物転送(シェアード、バーチャルやレンタルは基本的に可能)サービスもあります。

すでに電話代行サービスのオプションはここまで進んでいます。これから電話代行サービスを考えているなら、オプションサービスが豊富な会社に越したことはありません。ただし不要なオプションが付いていることで割高になっていることもあります。選ぶ時は「相見積を取る」「本当に必要なサービスだけを比べる」「コスパを考える」(人件費を比べてみる)「口コミを参考にする」などを考慮してから選ぶようにしましょう。