大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

お盆休みのみ電話代行をしてくれる業者はある?

    

従業員がそれなりにいる会社であれば、営業日や営業時間内は常に誰かがいるでしょう。電話がかかってくればそのうちの誰かが出てくれます。しかし平日なのに休みになると誰も出ることができません。この時に利用できるサービスがあります。

 

 

 

 

 

短期で契約できるサービスを利用

ビジネスにはいろいろな種類がありますが、一般的な営業時間や営業日としては平日の昼間になるでしょう。月曜から金曜まで、朝の8時ぐらいから夕方の6時くらいまでを正式な営業日、営業時間にしているところが多いかもしれません。祝日は休みにするところが多く、年末年始も土日や祝日に関係なく休みにするところが多いです。

年末年始大晦日の前日ぐらいから正月3が日ぐらいは休みにするでしょう。問題はお盆です。多くの会社では平日でも休みにするところがありますが、営業しているところもあります。となると休みにしていても電話がかかってくる可能性があります。そこで利用したいのが電話代行です。

通常利用していないと利用しにくいと考えるかもしれませんが、短期契約ができるところがあります。8月の13日から15日までの3日だけ利用したいなど伝えれば、その期間だけ依頼した対応をしてもらえます。その期間にかかってきた相手を記録してもらったり、客先によっては社員に連絡を入れてもらうような利用もできます。無人での客先対応が可能になります。

会社自体は休みでも利用はできる

鉄道会社やスーパーなどは休みなく営業しています。となると社員はどうしているかですが、交代で仕事をしているのでしょう。そうしないと労働基準法違反になってしまいます。

またお盆休みは各会社で休みを取りたいでしょうが、大事な電話がかかってくる可能性もあり担当者を出社させることを考えるかもしれません。そんな時は電話代行を利用すると便利です。

サービスを提供する会社には、実際にサービスを提供する現場部門と、会社の管理などを行う本部部門があります。必ずそうとは言えませんが、現場部門が365日営業でも本部部門は週休2日制の所もあります。

しかし注意したいのは利用したい日に連絡をしても休んでいる可能性があります。サービス自体はほぼ1年を通じて利用ができますが、営業部門は一般の会社のような営業スケジュールになっています。営業部門が休んでいるときに連絡をしても利用できません。利用するなら8月の上旬ぐらいに利用する旨を連絡しておくと良いでしょう。事前に契約をしておけば、営業部門が休みになってもきちんと対応してもらえます。

自社のためにもお客さんのためにもなる

電話をかけているのになかなか出てくれないとイライラするかもしれません。しかしながら、その時に多くの電話がかかっていて出られない状態なのかもしれませんし、担当者が全員で払っていて出られないのかもしれません。その日にたまたま研修などがあって誰もいないときもあります。

事前に顧客に業務を休む旨を伝えていれば問題ありませんが、すべての顧客に伝わらないときもあります。お盆休みのみでも対応している電話代行サービスがあるので、会社が休むのであれば利用すると良いでしょう。利用すれば、かかってきた電話に対して休業中であることを知らせることができます。

件数はそれほどないとしても、その間にお客さんを不快にさせずに済み、休み明けに営業をうまく再開することができます。サービスを利用するのはお客さんのためにもなりますが、自社のためにもなります。代行を利用すれば営業の電話もあるかもしれません。休みの間は営業をストップしているので、休み明けは仕事が無くて困るときもあります。代行サービスを利用すれば休みの間に営業が取れるので、休み明けから仕事が行えます。

 

日頃からサービスを使っているのであれば、その流れで使うことができます。しかし通常利用していないのに数日だけの利用ができるかどうか確認する必要があるでしょう。多くの業者では数日のみの利用も可能になっています。提供会社自身は休んでいても、サービスは利用できます。