大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

電話代行の無料見積もりが受けられる東京都内の会社とは?

    

無料で見積もりをだしてくれる電話代行会社最近注目されている電話代行サービスという方法があります。
これは会社や事業をされている方に代わって電話を受け付けるサービスです。
最近、プロフェッショナルな仕事ぶりが評価されるようになり、業界でも電話代行サービスが増えてきました。
ここでは電話代行サービスに依頼するとき、見積りをどのように依頼するのか、見積りの考え方についてご紹介します。
これからサービスを検討されている方はぜひ参考にしてください。

 

東京の電話代行業者の無料見積りの意味とは

東京は電話代行の業者が非常に多い地域です。
それだけ会社や企業の数も多く、色々なサービスが充実していることもあります。
一体どの業者を選べばよいのか、迷ってしまいますね。
そこでここでは見積りの考え方について少し考えてみます。
電話代行はオーダーメイドと呼ばれるくらい、依頼する会社によってもニーズが異なります。
しかしおおよそ、金額は決まっています。
見積りというのは、あくまで見積りであり、実際顧客になる会社や事業主の電話受付を想定した場合に、どの程度の費用がかかるかを計算したものです。
たまに無料見積りOKだけど、価格表がないという会社があります。
大手でも一度ご連絡ください、というところがあります。
これの是非については色々ありますが、まったく目安がないと依頼しにくいというのが本音でしょう。
「無料見積り」というのは今では当たり前ですが、中には会社の事業を理解するまでに時間がかかる、目安を判定するまでに時間や人件費がかかるという業種もあります。
このような特殊な会社やサービス事業者も、同じように無料見積りをしてくれます。
ただし次のようなことに注意しなければなりません。
それは相談やお見積りは無料ですが、実際は複雑なフローを必要とするサービスの場合は、見積りにそれらを加味した値段がつけられています。
つまり見積りは無料ですが、実際に稼働した場合に加算されていることがある、と思っていいでしょう。
仮に見積りや相談に実費がかかるという表現をしているなら、よっぽどその電話代行会社の自信がある(つまり実務が優れている)か資金繰りに困っていると考えるべきでしょう。

電話代行会社に見積りを依頼するときの目安とは

多くの電話代行会社のウェブサイト等を見てみると、参考のコール数や月固定費が書かれている場合があります。
多くが月10,000円前後でサービスしていることが多く、業界の相場価格はその程度です。
もちろんこれ以上の場合もありますが、例えばオプションでクレーム対応を付ける、電話転送サービス、メールサービスによるフォロー、コールの分析などをしてくれる場合もあります。
それに加えて時間外(つまり夜間や休日)の場合の特殊料金や24時間対応をした場合など、色々なケースが考えられます。
見積りを取る場合はどの会社にも同じ条件で見積りを依頼してみましょう。
無料見積りならほぼどの会社も行ってくれるので、同じ条件で依頼することが重要です。
そうすると会社によっては得意・不得意がよくわかります。
例えば9時から17時までで100コール、月20日ならいくら、それ以外は時間外として何割アップなどです。
最初から特殊な事情があるサービスなら、そのことを最初から提示して見積り依頼をしてみましょう。
電話代行会社の中には夜間対応が得意、休日対応が得意、細かいニーズに対応してくれる、といった会社もあります。
また見積りの内容はよくても実際にサービスを開始したら、思ったほど対応がよくなかったというケースもあります。
それは見積りだけではわからないこともあるからです。
ただし細かい見積りや丁寧な内容説明をしてくれる会社で、「自社のニーズにどこまで合わせてくれるのか」ということがわかる見積りを提出してくれる電話代行会社が選びやすいはずです。
自社のニーズに合わせてくれる会社というのは見積りだけではわかりにくいかもしれませんが、電話代行会社は多くの企業の仕事を行っているはずです。
そこにはノウハウがあるはずなので、優れた会社なら必ずそれが反映された見積りを作ってくるでしょう。
そして最終的に選ぶ場合には、不要なサービスが含まれていないか、見積り以外にかかる費用が無いのかということも選ぶ側がきちんとチェックすることが大切です。