大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

電話代行サービスは建設業界にもおすすめ?導入するメリットとは

公開日:2022/09/01  最終更新日:2022/09/02
    


電話代行サービスといえばネットショップなどで導入するイメージがありますが、実は建設業界にもおすすめのサービスです。とくに、事務所の人手が足りない場合は電話代行サービスを導入すれば負担を軽減することもできます。ではほかにはどのようなメリットがあるのでしょうか?建設業界で電話代行サービスを導入するメリットを解説します。

建設業界における電話対応

建設業界は現場で仕事をしているイメージが大きいですが、実は事務所で電話対応をしたり事務作業をしたりすることも多いです。しかし、やはり現場に出る頻度の方が高いため事務所で対応できる人が少なくなってしまうことがあります。たとえば新規顧客・既存顧客からの問い合わせ、取引先からの仕事の依頼を依頼する電話など、意外と電話を活用しています。

建設業界で電話対応サービスを導入するメリット

人手が不足しているのであれば、電話対応サービスを導入するメリットはたくさんあります。

これまで電話対応のために事務所の残っていたスタッフが積極的に現場に出られるようになり、スタッフの負担軽減にもつながります。また、仕事の効率もアップすることでしょう。

人材不足を解消できる

電話代行サービスを導入すれば、事務所で対応するためにわざわざ新しい人材を雇用する必要はありません。また、電話対応にかかる負担が軽減できるため、現場での人材不足も解消できます。これまで電話対応のために割いていた人員も、現場作業に呼ぶことができます。

着信の取りこぼしがなくなる

事務所で対応できる人数が少ないほか、回線も少なければ着信を取りこぼすことがあります。たとえば小規模な事務所でスタッフが2人、回線が3つの場合は同時に3件着信があると1件は取りこぼしてしまいます。人数が多くても回線が少なければ同様です。

3つの回線すべてが埋まってしまえば、4件目以降の着信は取りこぼしてしまうことになります。しかし、電話代行サービスを利用すればそのような取りこぼしもありません。これまで以上の件数に対応できるようになります。

新規顧客の獲得につながる

もしあなたが相見積もりを取りたいと考えている場合、なかなか電話に出ない会社があればどうしますか?おそらく多くの方が「相談・契約を見送る」と回答することでしょう。以前より取引のある会社からの問い合わせであれば時間を空けて電話が来るかもしれませんが、新規ではそうはいきません。

つまり、最初の電話がうまくつながらなければ、新規顧客獲得のチャンスを逃してしまうことになります。逆にいえば、電話がつながりやすければ新規の顧客を獲得するチャンスも増えるというわけです。

スタッフが現場作業に集中できる

現場に出ると事務所で対応できるスタッフがいなくなる場合、携帯に転送をかけて電話に出られるようにすることも可能です。しかし、危険な作業をしている途中に電話がかかってくると集中力が切れてしまって危険なほか、作業が中断されてなかなか進まないこともあります。スタッフが現場作業に集中して効率よく仕事をするためにも、電話代行サービスの導入がおすすめです。

建設業界向けの電話対応サービスがある

電話代行サービスはECサイト・化粧品販売など、それぞれの分野に特化したサービスを提供していることがあります。それは建設業界も例外ではありません。建設業界によくある問い合わせに対し、きちんと応答できるようスタッフが教育されています。

もし建設業の会社で電話代行サービスを導入するのであれば、よくある問い合わせからクレームまで対応できるよう、建設業界に特化した電話代行サービスを提供している会社を選ぶとよいでしょう。

まとめ

建設業の会社で電話代行サービスを導入するメリットを解説しました。建設業の会社で人材が不足している場合、自社スタッフの対応では限界があることがあります。スタッフの負担を軽減し現場の作業に集中してもらうためにも、電話代行サービスの導入がおすすめです。ただし、電話代行サービスは業界や分野に特化したサービスを行っていることがあります。導入する際はそれらを考慮した上で会社を選ぶとよいでしょう。