大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

医療関係には電話代行を利用するのがオススメ!そのメリットとは?

公開日:2021/06/01  最終更新日:2021/07/28
    


病院やクリニックなどの医療機関は、通常の診療時間以外の夜間・休日に人手を確保することが難しいのではないでしょうか。「バタバタと業務をこなしていたら、鳴っていた電話を取り逃がしてしまった」ということもあるでしょう。そこでおすすめなのが電話代行です。今回は、医療機関で電話代行を導入するメリットについて紹介します。

電話代行を利用すれば病院と患者ともにメリットがある

電話代行を利用することで、病院だけでなく患者にもメリットが生まれます。病院側、患者側それぞれのメリットについて解説します。

病院側のメリット

電話代行を導入することによる病院側のメリットは電話の取りこぼしがなくなる」「手の空いた時に簡単に内容を確認できる」「不要な受信を減らすことができる」の3つが挙げられます。

電話代行では基本的に取りこぼしの心配がないため、「スタッフの手が空いていない時間帯に電話がかかってきて、電話に出られなかった」というケースを防ぐことができます。電話を受けた際にはメールにてその内容が病院に伝えられるので、電話に出られず「どんな用件だったのか?」と気にしながら作業することがなくなり、メールを確認すればいつでもその内容を把握できます。

また、病院から要望があればいたずら電話・間違い電話に加え、しつこい営業電話なども電話をつながない選択ができます。不要な受信を減らすことで、病院スタッフのストレスを軽減できます。

患者側のメリット

突然交通事故に巻き込まれたとき、持病のある人が急変してしまったとき、病院と速やかに連絡を取ることができれば、処置が大幅に遅れてしまう事態を避けることができます。「いざというとき、すぐに電話がつながる」という安心感は、病院への信頼にも直結します。電話がつながりやすくなることは、患者様にとっても有益であるといえます。

夜間窓口の活用に最適

多くの病院では、夜間になるとスタッフの数も減り、緊急外来の受付が中心となります。電話対応に回るスタッフの確保が難しくても、電話代行を導入することで緊急連絡を取りこぼす心配がなくなります。電話を受けたすべての患者様を受け入れるのは難しくても、オペレーターが容体の確認をすることで、緊急性があれば別の病院を紹介するなどの柔軟な対応も可能になります。

また、病院から緊急時の救急対応などを指示されていれば、オペレーターが患者の家族に救命措置の方法を伝えられるケースもあります。スタッフの人数が足りずに夜間窓口の設置を見送っている、という病院があれば、ぜひ電話代行サービスの導入を検討してみてください。

急な夜中の発熱でも丁寧に対応

夜間に急な発熱があると、多くの人は焦って不安になってしまいます。とくに子育て中の家庭で症状をうまく説明できない小さな子どもが発熱すると、母親はどうしていいのかわからず戸惑ってしまいがちです。

電話代行のオペレーターは、そのようなケースでも落ち着いて対応し、熱は何度か、発熱以外に下痢や嘔吐がないかなど、他の症状についても注意を払ってしっかりと確認します。また、困惑している母親への声掛け・気遣いも忘れません。電話代行は、病院と患者様の信頼関係を構築する上でのサポート役として、「丁寧な電話対応」という面から貢献してくれます。

 

電話代行を利用することで、電話の取りこぼし防止はもちろん、オペレーターの丁寧な対応により患者様に信頼感・安心感を与えることができます。また、電話代行サービスの中には、こちらからマニュアルを渡すことで、細かい質問内容や救命措置の指導など、指示内容に柔軟に応えてくれる会社もあります。人手不足に悩んでいる病院・クリニックがあれば、ぜひ電話代行の導入を検討してみてください。