大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

クリーニング店が電話代行会社を利用するメリットと活用事例

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/17
    

電話での応対というのは大切と分かっていても厄介なもので、電話の着信があっても応対の仕方を間違えると相手の印象を悪くしてしまいます。そこで相手の印象を悪くせずに電話応対ができる方法として、企業の規模問わずに活用することが増えているのが電話代行会社です。

電話代行会社ってどんな企業なのか

電話代行会社というのは、その名の通りに企業と顧客の間で代わりに電話のやり取りを行ってくれる企業のことです。企業にとって電話応対はいまだ重要なツールであり、即座に用件を伝えられるので予約だけでなく問題が発生したときに適切なアドバイスができるなどメリットが多いです。

しかし電話応対のデメリットは、仕事をしている間に電話が鳴った場合ではすぐに応対ができないという点になります。顧客にとってはすぐに予約や問題解決をしたいのに、電話がつながらないと不誠実と思われてしまい評価がマイナスになってしまいます。ただ企業側も電話がとりたいが、例えば時期的な繁忙期になっている場合だと応対をすることが大切と分かっていても手が回らないことも考えられるのです。

そんなときに電話代行会社と契約をすると、繁忙期であっても電話の内容はすべて電話代行会社に伝えられます。伝えられた情報は一定期間保留ができるので、空いた時間に連絡を取り合って行動することによって相手と密接にコンタクトをとることができます。

クリーニング店で活用するメリット

電話代行会社はいろいろな企業がこぞって利用していますが、その中でも特に利用率が増加傾向にあるのがクリーニング店といえます。なぜクリーニング店が増えているのかというと、従来の営業スタイルは顧客がきれいにしてほしい衣服や絨毯を持ち運ぶというのが定番です。

近年ではサービス拡充を目的に、電話予約を行うことで自宅に立ち寄り引き取るという形も定着しています。しかしサービス拡充を目的に電話予約をしたのは良いものの、実際に電話応対となると従業員が店番やクリーニング作業をしながら電話のやり取りまで行うのは難しいのです。

そのため実際に電話応対を取り入れたクリーニング店は多いのですが、その少数とはいえ電話応対ができずに顧客信頼を落とすことになっています。

そこで電話代行企業に契約することによって、従業員が行っていた電話応対をすべて代行してもらうのです。代行さえしてもらえれば好きな時間帯に予約時間や対処してほしい内容を、全て代行企業が連絡してくれるので販売拡充に役に立ちます。

大手クリーニング企業がこぞって利用している理由

ホワイト急便やイオンクリーニングなどの大手クリーニング店は、電話代行会社と提携をして実際に活用しています。電話代行企業と提携するメリットは顧客に対して満足なサービスを提供できることですが、もう一つのメリットとしてはやはり従業員の負担を軽減することができる点になります。

クリーニング店のサービスを拡充することによって、電話応対の頻度が増えることで従業員の負担が少なからず増加してしまうのです。利益を上げるために仕方のないこととですが例えば電話応対をするためにその場から離れられないので休憩時間を割いてしまうなどのデメリットが生じることがあるかもしれません。

もちろんサービスの維持は利益につながるとしても、それが従業員の過度な負担になってしまっては事業継続が難しくなってしまいます。そこで大手クリーニング会社はある程度の費用が掛かってしまいますが、それでも従業員が安全かつ満足のいく労働環境にするために利用することを決定したのです。

それによって費用の負担は増えたのですが、その代わりに電話応対による負担がなくなり従業員は休憩時間の増加や集中的に作業ができることで満足のいく仕上がりになります。その結果として、代行企業に支払うことで生じる費用以上の利益を生み出せるようになります。

 

電話代行会社というのは、その名の通りに企業と顧客の間で代わりに電話のやり取りを行ってくれる企業のことです。クリーニング店の利用率が増えているのは、電話予約によるサービスの拡張をしたためです。それによって支払う費用額は増えましたが、その反面代行によって電話応対の負担がなくなったことで従業員が満足のいく仕事ができるようになり負担を帳消しにするほどの利益を生む結果になります。