大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

法律事務所向けの電話代行会社を紹介!

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/07/21
    

個人事務所なので事務員を雇うより電話代行を依頼したいけど、どこに頼んだらいいのかわからないという法律事務所の方が多いのではないでしょうか。そんな方に向けて今回は法律事務所向けの電話代行会社を紹介します。

さまざまなコースがあるので適切なものを選ぼう

法律事務所だと裁判所や警察などから連絡が来ることが多いのではないでしょうか。そのようなときに内容をきちんと伝えることが重要です。士業専門の電話代行会社であれば、専門用語をスラスラ聞きとりスムーズな対応をしてもらえるという特徴があります。

値段よりも質で選びたいというのであれば、士業専門の代行会社を選ぶようにしましょう。士業専門の代行会社では、さまざまなコースを設けているので、目的に応じて最適なコースを選ぶことができます。

どのようなコースがあるかというと、通常コースや月3日間コース、月2日間コースや時間単位コースです。通常コースでは電話転送システムを利用した電話代行業務をおこなっています。受電内容の報告は電子メールや携帯電話、FAXなど希望の方法で受けることができます。

独立開業したばかりで留守が多い、携帯電話の転送も電車内や運転中でつながらないなどの悩みを持った方に最適なコースです。月3日間コースは電話転送システムを利用し、1ヶ月のうち3日間利用できるコースです。事務員がいるけど全員外出するときがあったり、自宅兼事務所なので普段は必要ないけどたまに必要な場合に活用することができます。

時間単位コースは電話転送システムを利用したものを、指定の時間だけ利用することができるコースです。事務員はいつもいるけど、たまに空白の時間ができてしまう場合に活用することができます。

電話応対を利用したいけどどのようなコースにすべきか迷っているのであれば、2週間ある無料お試しサービスを利用するのがいいでしょう。実際にこのシステムを利用することによって、最適なコースを見つけることができるからです。

相談がビジネスにつながりやすい

せっかく法律事務所を開業したのに、相談がビジネスにつながらないという悩みを持っていませんか。もしかしたらそれは電話の第一印象が固すぎて、クライアントの腰が引けているのかもしれません。弁護士はハードルの高い職業なので、クライアントが相談内容を話しやすいように優しそうな雰囲気を出すことが大切です。

電話代行サービスを利用すれば、話のプロが対応するので、その第一印象は劇的に変化しクライアントに安心感を与えることができます。それによって相談してきたクライアントがそのまま依頼し、ビジネスにつなげられるという特徴があります。

クライアントとの距離感を保つことができる

弁護士に依頼してくるクライアントは切羽詰まっているケースが多いので、昼夜問わず頻繁に電話をかけてくることが多いのではないでしょうか。そのようなことが起きてしまうと、仕事だけでなく私生活にも影響を及ぼしてしまうかもしれません。

大きな問題を抱えていて不安に感じているクライアントだとしても、ビジネスの相手なのでしっかりと距離感を保つことが大切です。このような問題も電話代行会社を活用すれば、プライベートの時間であっても電話の管理をしてもらうことができるので、適度にクライアントとの距離感を保つことができます。

 

このように法律事務所で電話代行会社を活用すれば、相談をビジネスにつなげたり、頻繁に電話をかけてくるクライアントからプライベートの時間を守ったりできるメリットがあります。

電話代行会社には通常コースの他に、月3日間コースや月2日間コース、時間単位コースなどがあるので、事務所のニーズにあわせて選ぶのがおすすめです。通常コースは開業したばかりで留守がちな法律事務所に最適です。月3日間コースや時間単位コースは、事務員はいるけど誰もいない時間が発生してしまうときに利用するのがいいでしょう。