大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

いつから始まった?電話代行サービスの歴史

    

電話代行は、依頼主にかかってきた電話を転送し、代行業者が受け取って対応するというサービスであり、現在では一般的に知られた存在になっています。しかしその歴史をひも解くと、現在のサービス形態に至るまでの経緯や紆余曲折が見えてくるでしょう。

 

 

 

電話が無いことがそもそもの始まりだった

日本に電話が初めて導入されたのは、明治時代である1890年頃なのですが、電話がある程度普及したのはそれから50年後の1940年代でした。

しかしその頃はまだ、現在のようにどの企業でも電話を持っていたわけではなく、電話が無いことを前提に商売や取引などを行っていた企業も多かったと言われています。

そんな電話を持たない企業でも、遠方との取引をする際に電話が必要な場合があったため、「貸し電話業」と呼ばれる業者に電話の受付を依頼していました。

この「貸し電話業」は現在の代行サービスとは異なるものですが、その先駆けになるものだったと言われています。

現在の代行サービスは、電話対応するスタッフを雇うのにかかる人件費を減らすことや、電話対応を業者に任せて本業に専念するといった目的で利用されるものですが、1940年代当時は、そもそも企業が電話を持っていなかったということがサービスを利用する理由だったというわけです。

転送装置の開発によるサービスの大きな変化

貸し電話がもてはやされた1940年代から10年経った1950年代頃になると、戦後の復興などに伴って、どの企業も自社で電話を持つようになりました。

そうなるとこれまでの貸し電話が不要になってくるため、企業の電話業務を代わりに行うという従来のサービス形態に変化が起こります。

そして1970年代になって従来のサービス形態が一気に変わり、現在のような代行サービスが生まれました。

この変化には「転送装置」と呼ばれるものが大きく関係しており、従来では出来なかったことが出来るようになったのです。

「転送装置」というのは、かかってきた電話を別の場所にある電話に転送出来る装置であり、会社にかかってきた電話を自宅へ転送することなどが可能でした。

この「転送装置」は、その機能を使うためには電話回線をもう一つ別に設ける必要があり、20万円以上も費用がかかりましたが、その便利さ故に、導入する企業が後を絶たなかったと言われています。

しかし、電話が自宅へ転送されるということは、家族などが電話対応をする必要がありますが、ずっと電話番をしているわけにもいかないという場合も多いと言えるでしょう。

そのため、今度は電話対応を業者側に依頼するというケースが増えてきたのですが、その結果、電話対応業務を請け負うという現在の代行サービスのスタイルが誕生することになります。

さらに便利な転送装置の誕生による業界の変化

代行サービスが誕生した1970年代から時が流れた1985年日本電信電話公社が民営化されて現在のNTTになったのですが、このNTTも代行サービスに参入してきます。

NTTは従来の転送装置に代わって、ボタン一つで転送出来る装置を開発し、誰でも使えるようにしました。

そのため従来の転送装置の設置を行っていた業者は大打撃をこうむって、全く商売にならなくなったのです。

それに従来と違って簡単に電話を転送出来るようになったので、新しく参入する業者も増え、従来の転送装置の販売業者は撤退や倒産に追い込まれていきました。

そして新規参入業者の増加によって業界の勢力図が変わり、現在のような代行サービスの業界が出来上がっていったというのが、今に至るまでの歴史の経緯だと言えるでしょう。

 

上記の通り、電話代行サービスの先駆けとなったのは1940年代の「貸し電話業」であり、現在の代行サービスの形態になったのは「転送装置」が開発された1970年代からだと言われています。

そして1985年以降に誰でも使える転送装置が開発されて新規参入業者が増え、今に至っています。