大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

嫌がらせ電話の対応を電話代行会社に依頼可能?

    

 

電話代行サービスを利用したいのなら、実績ある会社を選びたいものです。

ただ単に、かかってくる電話を受けるだけではなく、嫌がらせに対応してくれるのか、依頼することが可能であるのなら、しっかり相談してから契約を交わしましょう。

 

 

 

創業年月と契約者数などから判断しよう

大手や中規模の会社ではカスタマーセンターなどの電話応対専用部署を設けたり、小規模の会社では受付担当のスタッフや社員で電話対応しているはずです。

外で仕事をする営業職であったり、社員数の少なさによっては電話対応がままならず、かけ直すという音声ガイダンスが流れるだけ、というケースもあるようです。

また、クライアントの電話応対に時間を使いたいのに、嫌がらせの電話がかかってくる、こうしたトラブルがあるのなら、本来の業務に時間を割けていない会社も出てくるのではないでしょうか。

今では数ある電話代行の会社ですが、期待通りの電話対応をしてもらうことが第一です。

会社の顔といっても過言ではなく、電話対応の丁寧さなどは会社の評価を左右します。

評価できるのは、無言を含めた嫌がらせを電話代行会社に頼むことができるのか、というサービス内容ではないでしょうか。

実際に依頼してみなければ優れているのかわからず、競合ひしめき合う業界なだけに、指標になるのが創業年月と契約数ともいいます。

中でも、30年を超える実績、大規模で利用社数も延べ2万社を超えているところでは、専門的な業界の電話対応もしているようです。

アルバイトスタッフが雑な対応をしてしまう、こういったことが一切ないのも安心できる点です。

電話秘書となれる対応を心がけるように教育に力を入れており、敬語を意識しているといいますから、嫌み・クレーマーなどの対応も、相手を刺激することもなく対応してくれるのではないでしょうか。

 

業界こだわらずクレームなどの電話対応をしている

業種ごとに対応や知識は必要で、たとえば、士業が得意、ネットショップに強いなど、電話代行会社にも得手不得手があるようです。

しかし、各業種に特化したサービスを展開し、細かい業種までカバーしているところもあります。

無言を含めた嫌がらせなどは、日本人や日本語だけで受けるワケではありません。

英語対応してくれるケースもありますし、クレーム処理神経を使うネットショップに特化している受注代行サービスまで展開しています。

業界初というオーダーメイドプランを取り扱っているため、嫌みなどの相談や依頼も可能ではないでしょうか。

ただし、あくまでも基本的な対応を提供するため、イレギュラーな対応や範疇外のクレームは、当然フィードバック後に依頼側が対応する必要があるでしょう。

 

研き上げられた能力によって応えてくれる

秘書検定や厳しいマナー講習など、研修を経て対応能力を身につけたプロフェッショナルばかりが電話対応してくれます。

ですから、社員によって対応にバラつきやムラのないサービスを求めることができそうです。

中には、クレーマーだったものの、クレーム対応の良さからファンになった、こうしたケースもあるようです。

クレーム対応のスタッフがいて便利であるのは、通信販売会社や商品製造会社などでしょう。

商品の破損ならまだしも、使い心地が悪いなどの声にも、基本的な対応からイレギュラーな対応を含め、これまでに培ったノウハウで対応してくれます。

 

電話代行サービスを提供する会社では、無言電話から、商品やサービスに対するクレーム、嫌がらせに対応したマニュアル、臨機応変な対応までできる、そうしたプロフェッショナルなスタッフがおり、依頼も可能にしています。

ただし、その後の対応は依頼側にも必要ですから、サポーターとして利用しましょう。

こうしたサービスは、創業年月など、実績のあるところで相談をすることがポイントになり、様々なトラブルにも応えられるのが特徴になります。