大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

外国語にも対応した電話代行会社の探し方

    

外国語にも対応した電話代行会社の探し方

 

事業展開を海外にまで伸ばした結果、英語や中国語の問い合わせが増えているが、社内に人材が増やせない…。
このような悩みを持つ方が増えています。
実は電話代行やコールセンター業界でもこの外国語対応は徐々に増えています。
ここではそんな外国語に対応した東京の電話代行会社をどのように探せばよいのか、ポイントをご紹介します。

 

現状どの言語に対応している電話代行会社が多いのか

現実的な話をすると、現在一番多い言語は英語です。
次に多いのが中国語、韓国語という順になっています。
実際に取引額が多い国に従ってニーズが増えていると考えて間違いないようです。
日本は英語後進国といわれていますが、実際に商取引だけでなく、観光という面からも英語はすでに必須となっているようです。
そこでコールセンターや電話代行業者は英語ができる人材を徐々に増やしています。
特にインバウンドが増えていくことを考えると英語だけのニーズとは限りません。
今後フランス語やポルトガル語に対応する電話代行会社も増えていく可能性があります。

電話代行会社の言語レベルとは

これには現状色々なレベルが存在しています。
例えば比較的簡単な英語で済むような、相手の連絡先を確認や折り返し連絡する事を伝える、電話の問い合わせ内容などの確認です。
これらはあまり高度な会話のレベルでなくても済みます。
例えば海外の取引先から連絡はあるものの、そんなに数が多くなく、適度に対応できるレベルでよい場合に活用できます。
たいていはオプションという形で提供されています。
一番ニーズが多いのがビジネス英語可能なレベルの対応です。
これだと内容把握が可能で、ネイティブ対応ができる人が電話代行を行います。
多少のビジネス英語を使うことが可能で、事業や製品に関する適切な説明ができる、オーダーの受付をするといったことができます。
これらは輸出入関係の業種、海外に製品を販売している会社を中心にオーダーが増えています。
最後は専門分野まで把握しているレベルです。
これは非常に高度になりますが、例えばわかりやすい例でいうと、大手IT企業などが海外に拠点を複数持つような巨大なコールセンターに依頼するケースです。
そうなると英語だけでなく、多言語で対応可能で、複雑で専門性の高い内容も対応してくれます。
このような段階になると英語・中国語・日本語以外にポルトガル語、ドイツ語、フランス語なども可能になります。
世界的規模のビジネスを展開している会社はこのような電話代行やコールセンターを使っています。

どんな電話代行会社を選ぶとよいのか

上記のように、外国語対応でもレベルが色々あることがわかります。
そこでどのレベルが必要なのかを、現業との兼ね合いを考えてレベルを考えておきます。
ご自分の会社の専門性を理解しないと依頼できないレベルの外国語であれば、ネイティブ以上に専門性を理解できるオペレーターがいないと対応できません。
ただネイティブスピーカーがいるからといって安心できません。
そこで過去専門的分野で実績があり、かつ「バイリンガル」であり、ある程度の高度な受け答えができるオペレーターがいる電話代行会社に依頼するとよいでしょう。
重要なのはバイリンガルであることです。
どちらの言語も理解していないと意味がありません。
注意したいのは英語のみの電話代行という場合です。
これだと仮に日本語でかかってきても日本語に対応していないオペレーターが出た場合、別の日本語のできるオペレーターにつなぐかもしれません。
価格で決めてしまうと、仮にネイティブでも英語だけしかできない人材が対応することもあります。
なるべく業務の効率をアップしたいなら、最初はバイリンガルの対応をしてくれる、日本企業の事業内容を理解してくれる電話代行会社を選ぶことをおすすめします。