大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

電話代行には英語で対応できるサービスがある?

    

電話代行には英語で対応できるサービスがある?

 

電話代行サービスを利用したいけれど、顧客の中には日本語が通じない人もいるというときに本当に依頼しても大丈夫かと悩みになることがあります。
英語にも対応してくれるサービスもあるのでしょうか。
言語対応に関するサービスの実態について理解しておきましょう。

 

 

英語に対応する電話代行サービスはある

日本語が通じない顧客からの連絡が来る場合にも使える電話代行サービスはだんだんと増えてきています。
国際的な言語として重宝されている英語は特にニーズが多いため、東京ではかなりの数の業者が電話代行サービスの英語対応を行っているので心配ありません。
英語だけというわけではなく、日本語に加えて英語にも対応するという形のサービスが一般的です。
マニュアルについては日本語の顧客と英語の顧客で分けることもできるため、国内と海外で異なる対応をしてもらいたい場合にも問題なく、相手の文化を考慮して対応してもらえるようにマニュアルを整えたいと考えても柔軟に対応してもらうことが可能です。
英語の対応は日本語の電話代行サービスのオプションとして提供されている場合もあり、電話を転送する程度の基本的なサービスしか受けられない業者もあるので注意が必要になります。
どのようなレベルの対応を求めたいかに応じて業者を厳選しなければならないのです。

 

他の国の言葉にも対応してもらうことが可能

ビジネスをする上では海外とは英語でやりとりできることが多いですが、取引先とのコミュニケーションを円滑にするには取引先の国の言語に対応できた方がより良いのは確かです。
中国などのように経済発展が著しい国と取引があったり、東南アジアや南アジアに工場や支店を用意して連絡を取っていたりするときもあるでしょう。
このような場合に英語では不十分であったとしても、英語以外にも対応してくれる電話代行サービスも利用可能です。
英語に比べるとニーズも低く、言語の使い手もあまりいないことから広く行われているサービスではありません。
しかし、中国語のように注目されている国の言語の場合には対応してもらえることがあります。
明確に他の言語にも対応と宣伝されていなくても対応してくれる可能性はあるので問い合わせてみると良いでしょう。
特にアジア諸国でセールスを行っているようなケースでは一般の顧客から現地の言語で問い合わせがある可能性も否定はできません。
そのようなときの対策として現地の言葉を操れるスタッフに対応してもらえる電話代行サービスを選んでおくのは賢明です。

 

日本語以外の電話代行サービスを選ぶときのポイント

★日本語以外の電話代行サービスを依頼するときには、スタッフがどの程度の言語レベルを持っているかを確認した上で決めるのが大切です。
英語のスピーキングやリスニングの能力は人によって大差があるので、本当に十分なレベルで対応してくれるかどうかは確認してみなければわかりません。

★不安があるときには実際にお試しで通話をさせてくれるサービスも受けられることがあるので、契約する前に相談してみましょう。
その対応を確認して問題なさそうだと判断できたら契約するという形にするのが無難です。

★自分ではクオリティーがわからないというときには、お試し期間のあるサービスを探すのも良い方法です。
その期間の対応がどうだったかに基づいて長期契約をするかどうかを判断すれば良いでしょう。

〇まとめ
日本語が通じない顧客からの電話があるというときにも英語に対応してくれる電話代行サービスがあるので心配はありません。
それ以外の言語にも対応できるサービスもあるので、必要時には相談してみると良いでしょう。
依頼するときにはどの程度のクオリティーがあるかを確認し、納得してから契約するのが大切です。
お試しサービスがある業者を選ぶと十分に確認した上で長期契約を結ぶことができます。