大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

レピュテーションリスクとは?回避するには電話代行が有効って本当?

公開日:2022/05/01  最終更新日:2022/06/06
    


レピュテーションリスクという言葉をあなたは知っていますか?本記事ではレピュテーションリスクの基本的な意味を解説し、レピュテーションリスクの回避方法や電話代行のメリットについて紹介します。レピュテーションリスクの意味や回避方法を理解し、対策を行っていきましょう。

レピュテーションリスクとは

レピュテーションリスクの意味

レピュテーションリスクとは、周りの評価によって会社の社会的な評価が下がり、企業価値や信頼性に影響がでるリスクのことを指します。近年レピュテーションリスクによる企業の被害が増えており、企業は次々とレピュテーションリスクの対策を行っています。

レピュテーションリスクの注目が高まった原因の一つとして企業価値の変化があるのです。元々の企業価値は資本金などの財務的価値が占める割合が大きかったのに対し、現在はSNSやインターネットの普及により社会認知度が企業価値につながるようになってきているのです。では、レピュテーションリスクを回避するにはどのようにしたらよいのでしょうか。次の見出しでお伝えします。

レピュテーションリスクを回避するには

情報発信を多く行う

レピュテーションリスクを回避する方法の一つ目は、情報発信を多く行うことです。インターネット上には間違った情報や感情的に書いたコメント、適当な評価などがいくつも転がっています。企業側が積極的に情報発信を行い、間違った情報を訂正すればよいのですが、それを放置しておくと企業側に悪影響が出てしまいます。消費者側がインターネット上の情報をすべて信じる訳ではないですが、炎上などにつながる前に訂正するべき箇所は訂正を行うことが大切です。

従業員への教育

従業員によって企業の機密情報や顧客情報が漏れてしまうのは、従業員のネットリテラシーが足りていないのが原因です。そのため、レピュテーションリスク対策として従業員の教育を行うのも効果的でしょう。パソコンやタブレットの管理、強力なパスワードの使用、USBの持ち出しの有無などを社内で決めておくことが重要です。

誇大広告などは使わない

広告やインターネット上などで集客率を高めるために誇大広告を使うのはレピュテーションリスクを高める原因になります。「買った商品が広告通り使えなかった」「天然素材と聞いていたのに添加物が入っていた」などはお店の価値を下げることにつながってしまうでしょう。自分のお店や企業ができるサービスのみを提供するようにしましょう。

ネット上の情報管理

レピュテーションリスクが高まってから、ネット監視サービスを提供する企業が増えました。ネット監視サービスを利用すると、企業に対する誹謗中傷を取り押さえたり、証拠として残したりすることができ、万が一名誉棄損に該当する場合には訴えることができます。ネット監視サービスを活用することで、レピュテーションリスクをぐんと下げられるでしょう。

レピュテーションリスク回避には電話代行がおすすめ

イメージ向上には電話代行!

レピュテーションリスクを下げるには、企業の印象を常に高い状態で維持する必要があります。そこでイメージ向上になりやすいのが電話代行です。問い合わせた際に明るく丁寧に対応してくれた企業にはよい印象を抱きますよね。反対に何度も電話をかけてきたり、商品を買わせてきたりする企業には悪い印象を抱きます。企業の問い合わせの電話だけでも新設丁寧に行うことで企業全体のイメージUPにつながるでしょう。

 

今回はレピュテーションリスクの意味や回避方法について紹介しました。レピュテーションリスクは回避方法や対策を知っておけば怖くありません。インターネットと上手に付き合って会社の利益につながる使い方ができるとよいですね。