大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

電話代行サービスは個人でも契約可能か?

    

電話代行サービスは個人でも契約可能か?

 

基本的に電話代行サービスは依頼者がこなせない業務を代行するサービスです
それぞれのサービス会社によって規定に違いはありますが、契約内容がお互いに納得するものであれば個人・法人に関係なく契約が成立します

 

 

電話代行サービスを利用したくなるとき

依頼者が電話代行サービスへ依頼するのは、人手不足や人件費削減、あるいは秘密にしておきたいためであったり、自分では言えないことであったりとさまざまな理由があります。
特に個人事業主の方や起業時など、人手不足と経費削減から電話代行サービスを利用する方が多数を占めます

 

個人のネットショップ運営者による利用

会社というものは元々起業された個人がいてこそ成り立つものであり、初めは小さな個人商店であったりします。
ネット通販で何でも買える時代になり、個人で出品される方も多くいます。
多数の商品を出品するうちにネットショップへと展開される方も少なくありません。
ショップとなるとそれなりの体裁も必要です。
首都圏、特に東京に事務所があるとなると利便性の高さをアピールできて、顧客獲得に有利となります。
電話代行サービス会社では東京・大阪などの大都市のバーチャルオフィスや主要都市の電話番号貸し出しのサービスを行っているところもあります。
これらのデータはNTTの番号案内に登録することもできますし、名刺や書類への記載も自由です。
企業時のひとつのステイタスを確立するためのアイテムのひとつと言えます。
通販による販売はネットでの受付だけに留まりません。
商品購入を検討しているお客様からの問い合わせもメール受付だけでは限界があります。
何より購入された商品に対するクレーム処理などには誠意ある対応が必要です。
ネットショップを起業した本人は商品の発注や発送業務に追われ多忙を極め、丁寧な対応をすることが難しくなることもあります
そのような場合、電話応対のプロに依頼することは当然のことかもしれません

 

ネットショップ専門の電話代行サービス

電話代行サービスの会社によっては、ネットショップに特化したサービスを行っているところもあります。
個人として対応できない部分や時間帯はもちろん、24時間365日体制での電話代行依頼も可能です
特にネット閲覧の多いと言われる時間が21:00~24:00です。
その時間にネットアクセスだけでなく電話受付もすることによって販路を拡大することができるのです。

 

密告、あるいは言いにくいことの代弁依頼

密告という言葉に対しては、つい、うさん臭い印象を持ってしまいがちです。
けれども、お人好しやお節介ともつかない心、真相を明らかにしたいという気持ちを持たれる方は決して少なくはないはずです。
密告は告げ口と呼ばれることもあり、周囲の非難の対象になることもしばしば。
危険な目に遭うことすらあります。
そのため、匿名にて、秘密厳守の電話代行サービスに依頼する方もいます
密告や告げ口の他にも言いにくいことというのは世の中にたくさんあります。
例えば就職内定の辞退や急な退職願い、招待された式典への欠席連絡などできれば自分の口からは言わずに済ませたいものです。
特に他人の好意に応えられないようなときには、どう弁解すればよいかわかりません。
そのような場合に電話代行サービスを利用する方も少なくありません。

 

電話応対が苦手な個人からの依頼

電話で話すことが苦手な方は少なくありません
言語障害の方や対人恐怖症、あがり症、ろうあなどの障害により、自分の気持ちを伝えられない方がどれだけ多いことでしょう。
そのような方々の代弁など、契約内容さえ整えば容易いことです
障害のある方々のためにこそ電話代行サービスがあるとも言えます。

 

さまざまな依頼と電話代行会社

匿名で依頼できるからと言って悪用する方もいるのが世の中です
オレオレ詐欺などはその典型ではないでしょうか
また、電話代行サービスの中にも、後になって法外な金額を請求してくる会社もあります。
個人として電話代行サービスを利用する場合、本当に依頼しなければならない内容なのか熟慮することが必要です。
電話代行の会社を選ぶときにも、口コミや会社概要を精査し、慎重に選ばなければなりません