大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

電話転送のデメリットを補うなら電話代行を併用するのがオススメ!

公開日:2021/07/01  最終更新日:2021/07/28
    


外出中にオフィスなどの固定電話にかかってきた電話を転送してくれる電話転送サービス。電話転送サービスは便利な反面、デメリットもあります。しかし、電話代行を併用することでデメリットを補うことができるのです。そこで今回は、電話転送サービスと電話代行を併用するメリットを紹介します。しっかりチェックして有効活用しましょう。

電話転送サービスとは

電話転送サービスとは、オフィスなどの固定電話にかかってきた電話を事前に指定しておいたスマートフォンなどの電話番号へ転送するサービスのことです。外出中にオフィスの固定電話に電話がかかってきた時にも手持ちのスマートフォンに転送できるので、電話の取りこぼしを減らすことができます。

電話転送サービスのデメリット

電話転送サービスのデメリットは大きく分けて3つあります。

1つ目のデメリットは「電話に出られなくても転送料金が発生する」という点です。せっかく転送されても移動中や商談中の場合、電話に出られない可能性があります。しかし、電話に出られなくても固定電話からスマートフォンなどへ転送のために発信をしているので、その通話料が発生してしまいます。その結果、転送せずに固定電話で電話を受けた場合に比べ、料金が高くなる傾向があります。

2つ目のデメリットは「同時に1人にしか転送できない」という点です。ボイスワープの場合、同時に1人にしか転送できず、複数人に同時転送することはできません。転送された本人が出られなければ、代わりに他の人が出ることもできないため、電話転送サービスを利用していてもビジネスチャンスの機会を無駄にしてしまう可能性があります。

3つ目のデメリットは「折り返しがスマートフォンになる」という点です。自分のスマートフォンの電話番号を相手が知らない場合は、折り返しても相手は知らない番号からの電話だと考え、出ない可能性があります。

電話代行を併用するメリット

電話転送サービスと電話代行を併用することで、電話転送サービスのデメリットを補うことができます。電話代行を併用するメリットは主に次の3つです。

1つ目のメリットは「いつでも迅速に転送された電話に対応できる」という点です。電話が転送されても、移動中や商談中など電話に出ることが難しい場合もあります。そのような場合でも、電話代行を併用していれば、いつでも迅速に電話対応ができます。迅速な電話対応ができれば、大切なビジネスチャンスを逃すことがなくなります。

2つ目メリットは「スマートフォンからの折り返しが不要になる」という点です。急いで折り返しを確認する必要がなくなるので、外出先からのスマートフォンでの折り返しが不要となります。もし、折り返しが必要な場合でも、あらかじめ相手にどの番号からかけなおすのかを電話代行のオペレーターが伝えておくこともできます。そのため、相手も知らない番号からかかってきて不安になることもなく、スムーズにつなぐことができます。

3つ目のメリットは「電話対応の質が上がる」という点です。どうしても忙しいとき、人は言葉遣いが雑になってしまいがちですが、電話対応のプロである電話代行に任せることでいつでも質の高い電話対応をできるようになります。そして、電話対応の質が上がれば、電話をかけてきた人の満足度も高まり企業イメージのアップにもつながります。

まとめ

電話転送サービスは外出中でも固定電話にかかってきた電話が転送されるので、とても便利なサービスです。しかし、せっかく転送された電話に出られなければ、電話転送サービスを有効活用できないなど、デメリットもあります。そこで、電話代行を併用することでデメリットを補うことができます。電話転送サービスを利用するときは、電話代行も併用してビジネスチャンスを逃さず、しっかりと獲得していきましょう。