大手【電話代行サービス】東京で口コミ・評判の高い会社を比較ランキング

人気の電話代行会社を徹底比較!
このサイトでは、以前電話代行会社でオペレーターとして働いていた管理人が、口コミや評判を確認し、業界の裏側の事を踏まえて独自目線で大手電話代行会社5社をピックアップし、ランキング形式でご紹介しています。他の比較サイトと切り口が違いますが、是非会社選びの参考にしてみて下さい。
業者選びに大事なのは実は「社歴」!
どこの会社に依頼をしようか悩んでいるときは、ついつい料金やプランだけに目が行きがち。もちろん料金形態なども大事ですが、一番は対応品質ですよね。そんなときは依頼先の業者の創業年数をチェックしてみて下さい。大手の老舗の方が圧倒的に電話応対の品質は高いんですよ。
業者選びに迷ったらまずは無料期間で
どこの業者が良いと言っても、自分の会社の受付として対応してもらう以上、慎重になって選ぶハズ。そんな時は、ほとんどの業者で無料お試し期間があるので、まずは無料お試しに申し込んでみましょう。もし、「ちょっと違うかな?」となっても無料期間なら安心ですね。

大手電話代行会社の比較ランキング!

業界屈指のリピート率を誇る「ベルウェール渋谷」

今では星の数ほどある電話代行の会社ですが、会社によっては期待通りの電話対応をしてもらえない業者があることも事実。会社の顔とも言える電話対応は丁寧でないと困ってしまいますよね?

実際に申し込みをしてみないと、電話対応のクオリティはわからないとは言いますが、こんな時に失敗しない為の指標になるのが、電話代行の会社の「創業年月」と「契約数」。どの業界でも同じ事が言えますが、競争が激しい電話代行業界では特にこの2つが重要だと言われています。

その部分から考えると私が知っているNo.1の会社は間違いなく「ベルウェール渋谷」でしょう。18,000社を超える契約実績と創業44年を越す会社の歴史から、業界の中でも一目置かれているのがこの会社です。

受付時間 24時間365日可能
創業年月 1974年3月
無料期間 有(30日間)
会社の印象を上げるクオリティのビジネスアシスト

2位はビジネスアシスト。電話代行会社の中でも品質が高いと言われているのが、この会社です。ビジネスアシストの電話対応は「電話代行」ではなく「電話秘書」として対応を心がけるように徹底しています。また、電話音声の品質にも気を遣っていて、評判や口コミでは「自社内と区別がつかない」との事。

社員の教育にも力を入れており、電話対応ではかなり大事な「敬語」を特に意識しています。その為、他社からビジネスアシストの乗り換えをするとかなり丁寧に対応してくれると評判も高いです。

また、電話対応するのは全員正社員で、コールセンターでありがちな「慣れていないアルバイトスタッフが雑な対応をしてしまう」ということが一切ないのも安心ですね。

対応時間 平日9:00〜18:00
創業年月 1999年4月
無料期間 有(30日間)
業種ごとのプランがある電話代行サービス株式会社

電話代行の依頼といっても業種ごとに対応や知識は必要なもの。沢山ある電話代行の会社でも、例えば「士業が得意」であったり「ネットショップに強い」といった電話代行会社など、業種ごとに得手不得手があるのがこの業界のウラ話なんです。

ただこの電話代行サービス株式会社は各業種に特化したサービスを展開していて、かなり細かい業種まで幅広くカバーしているのが特徴。例えば求人受付専門の電話代行サービスもあります。

取引社数も6000社を超えていて実績も十分、そして電話代行業界では初のオーダーメイドプランを取り扱っている評判の良い会社さんなのでまずはサイトを覗いてみてもいいのではないでしょうか?

対応時間 プランによって24時間対応有り
創業年月 1991年6月
無料期間 有(1ヶ月)
cube
プランがわかりやすいCUBE電話代行サービス

初めて電話代行サービスを申し込もうとしている人はプランやメリット、デメリットが分かりやすいCUBE電話代行サービスがオススメ。また英語対応プランやネットショップに特化した受注代行サービスなどもあり、きめ細やかな対応をしてくれると評判の会社です。

また実際に見ていただくとすぐにお分かりいただけますが、ホームページもキレイで見やすく、基本的なプランから各種オプション・提供している電話対応サービスの内容まで分かりやすく説明がなされているので、どこの電話代行会社にしようか悩んでいる方はCUBE電話代行サービスのサイトを一回見てみてはいかがでしょうか?

対応時間 月〜土 9:00〜18:00
創業年月 1948年11月
無料期間 無(返金制度は有り)
上場企業の電話代行サービスのベルシステム24

ベルシステム24は30年を超える実績と安心して申込みが出来る東証一部上場会社です。利用社数も延べ24,000社を超えている実績があるので、安心感でいうとベルシステム24は選択肢の一つにいれてもいいでしょう。

会社の規模感も大きく、専門的な業界の電話も対応しているので、業種問わず対応出来るポテンシャルはベルシステム24の特徴です。

対応時間 24時間対応可能
創業年月 1982年9月
無料期間

どこの会社でもやっている電話応対

お客様、取引先など、会社には様々なところから電話がかかってきますよね。業種に問わず必要な電話応対。会社によってはカスタマーセンターなどの電話応対専用部署を設けたり、受付担当の人を雇ったり、はたまた、事務さんを雇って業務のかたわら電話応対をしていたり…。

しかし、外で仕事をする従業員が多い職場や従業員が少数など電話対応する人や時間がない会社、会社で電話を受ける人がいなくなる時間があったりする会社、クライアントからの電話が多く、そちらの電話応対に時間を使ってしまい、本来の業務にあまり時間を割けていない会社など、電話応対に関して困っていたり、改善策を検討されている会社も多いと思います。

そんな「電話応対」の悩みを「代行」してくれる会社があるって知っていましたか?

そんな会社のお手伝いをしてくれるのが電話代行会社

様々なところからかかってくる数多くの電話。また、その電話応対に割かなければいけない貴重な時間。それらを全て請け負ってくれるのが電話代行会社なんです!基本的なサービスとしては、その名の通り、お客様からの問い合わせやクレームなどスピード感をもって対応してくれます。電話応対のスペシャリストな方々が対応してくれるため、お客様の用件やニーズを的確に捉えてくれて、依頼された会社までフィードバックしてくれます。

ただ、あくまでも基本的な対応のスペシャリストなため、イレギュラーな対応や対応範疇外のクレームなどは、当然フィードバック後に対応しなければいけないんですけどね…。私は最近まで電話代行の会社でオペレーターとして、クライアント様の会社の窓口として電話対応していました。その際に1番重要なことだと教育され、意識して行っていたことは「少しでも依頼主の負担を減らすこと」。それは上述した「スピーディーな対応」に然り「的確なニーズの吸出し」に然り、「迅速かつ正確なフィードバック」に然りでした。

多少温度差はあるでしょうが、恐らくこのような教育はどこの電話代行会社でも行っていると思われます。そのため、電話代行を外部に委託するだけでも、その分の時間が別の仕事に使えることもあり、社内での負担はぐーんと減り仕事が効率的に出来るようになるのです!

電話代行会社ってたくさんあるけどなんか違うの?

イメージとしては「電話代行なんてどこに頼んでも同じなハズ…」と思う方もいるかもしれませんが、実際はサービス内容やクオリティ、金額などなど、電話代行会社によってかなり変わってくるのが現実。

社員の教育方針一つを見てみても、かなり丁寧に指導している会社もあれば、コールセンターが地方にあるからか、「東京の会社に電話を掛けたのに、方言丸出しで対応された!」なんて言っていたお客様も(笑)。

このサイトを見ている方は、良い電話代行会社を探している方だと思いますが、このサイトでは、私が今まで大手の電話代行会社で勤務していた経験を踏まえて、その中でも人気の高い大手電話代行会社に絞っておすすめ会社をまとめてランキング形式でご紹介しています。電話代行業界で働いていた自分だからこそお伝え出来る内容もあると思うので、是非会社選びの比較や参考にしてみて下さい!

電話代行はクレーム対応もしてくれる?

電話代行はクレーム対応もしてくれる?今、電話代行サービスがあるのはご存知でしょうか。 電話代行サービスとは、電話をその会社の社員の代わりに代行して対応してくれる、スタッフが突然休みで対応する人がいない、人数が少なく自社の社員ではもう対応しきれないという会社から人気のサービスなのです。 電話代行サービスの社員は、秘書検定や厳しいマナー講習で長い研修を経た電話代行のプロフェッショナルです。 そのため、よくある、

「昨日電話対応してくれた社員は対応が良かったのに、今日の社員は対応が悪い」

といったサービスにばらつきがなく、厳しい研修を経験したスタッフが対応するため、どのスタッフが対応してもムラのないサービスを提供することが出来ます。 電話対応業務をしていると、ほとんどのひとは嫌がってしまうクレーム対応。 このクレーム対応も対応によってはお客様が納得し、むしろこの会社のファンになってくれることもあります。

逆に対応が悪ければお客様は離れるのはもちろん、説明に納得が行かずトラブルになってしまう事もあります。 そんな誰もが嫌がってしまうクレーム対応、電話代行サービスが対応してくれるのでしょうか。

クレーム対応までお任せ!

電話代行サービスでは、お客様からのクレーム処理も対応します。 クレーム対応の嫌な所は、

・精神的苦痛を感じる事

・相手が怒っていると聞くと電話に出るのが嫌になってしまい逃げだしたくなってしまう

・何て言って謝罪すればいいのか上手く言葉に表せない

などあるかと思います。 しかし、電話代行サービスならこれらの苦痛から解放されます。

電話代行サービスのスタッフは、クレーム対応の教育もしっかりと受けています。 ありとあらゆる場面を想定して訓練されているため、万が一のことがあっても慌てずしっかりと対応をすることが出来るのです。 そのため、クレーム対応に慣れてないスタッフが対応するよりも、電話代行サービスのスタッフが対応したほうがスムーズに解決することが出来ます。

クレーム対応のスタッフがいて便利な会社は、通信販売会社や商品製造会社などのサービス業です。 よくあるクレームは、

・商品が破損していた

・ネットで見た商品と実際に届いた商品が違っていた

・使い心地が非常に悪い

などクレームの種類をあげるときりがありません。 それくらい、毎日たくさんのクレームの電話が鳴っているからです。 こういったクレームに対応するには、それ専門の社員を雇う必要がありますが、研修に費やす時間とお金が無駄になります。

 

まずはサービス内容を比較しましょう

インターネットで電話代行サービスと検索をしますと、たくさんの会社がヒットします。 そして、各企業によってもサービス内容や金額は大きく異なります。 例えば24時間365日対応している会社もあれば、早朝から夕方までと時間を設定して営業している会社など様々です。 そのため、どの電話代行サービス業者が自分の会社にぴったりなのか、1か所だけではなく複数の会社を比較しましょう。

電話代行会社のスタッフは、様々な場面を想定してクレーム対応に関しての技術をしっかりと習得しています。 現場に出るときにはすでに電話対応のプロにまでなっています。 そのため、ありとあらゆる場面に遭遇しても、慌てることなく落ち着いて対応することができます。

中には電話代行サービスの社員がクレーム対応を行ったことで、クレームを言っていたお客様がその対応のすばらしさに感動してしまい、解決した時にはこの会社のファンになったという話が実際にあります。 こういった事もあるため、クレーム対応をまだ自社で行っていて大変だという会社は一度電話代行サービスの利用を検討されてはいかがでしょうか?

電話代行はマニュアルの作成が重要

ここまで読み進めた方の中には、実際に電話代行サービスを利用してみようと決意された方もいらっしゃるかも知れません。しかし、いくら電話代行のサービス業者が電話対応に関する豊富な経験や知識を持っているとは言え、事前のしっかりとした打ち合わせを無しにはこちらの望む電話対応を行ってくれるものではありません。

基本的な当たり障りの無い電話対応であればこちらから細かい指示を出さずとも十分に対応を行ってくれるものでしょうが、非常に専門性の高い質問や温度の高いクレーム対応の場合には、電話代行を依頼している会社側から直接回答や対応を行った方が良い場合もあります。そのため、基本的な対応からイレギュラーな対応を含め事前にしっかりとどのような対応を行うのかを決めておくのは非常に重要です。

また質の高い電話対応を実現するためにも、電話代行サービスを利用するとなった場合には簡単なものであっても「マニュアル」の作成は必須となります。マニュアルとは、電話をかけてきたお客さんの質問内容に対してどういう受け答えを行うのかというものを事前に決めておくルールをまとめたものとなります。

実際に電話代行サービスを利用するとなった場合には各種手続き等に時間や労力を費やすこととなりますが、特にマニュアルの作成には多大な時間や労力を費やしてしまうものです。また、しっかりとした電話対応ができずに口コミ等で「電話対応がよろしくなかった。」などと悪い評判が立ってしまうと提供しているサービスや商品の評価が低下してしまう事にも繋がりかねません。マニュアルの作成は非常に重要ですので少しその点に関するお話をしてみましょう。

電話代行のマニュアルを作成する上でのポイント

電話代行サービスの業者に依頼を行えば業者の方で、依頼を行った会社の業種・職種に則った基本的なマニュアルの作成は行ってくれます。しかし、全て丸投げという形では当然完璧なマニュアルは完成しないため、こちらからの要望や具体的にマニュアルに盛り込んで欲しい内容等を伝える必要はあります。理想的なマニュアルを作成するためにも、マニュアル作成に関する基本的なポイントや注意点をお伝えしたいと思います。

電話対応は大きく分けて、「電話を受ける場合」と「電話をこちらからかける場合」とに分けられますが、マニュアルを作成するとなった場合この2つの大きな分類の中から、更に3つの事柄に対してあらかじめ受け答えを決める形となります。3つの事柄とは「基本対応」「それぞれの状況別の対応」「クレーム・緊急時の対応」となります。

まずは基本対応に関してですが、基本対応とはその名の通り基本的に守る・行う対応ルールとなります。例を挙げると、何コール目までに電話を取るのか・見知らぬ番号からの着信であっても折り返し対応を行うのか・最後に対応した内容に関する復唱を行うのか、といった所が挙げられます。業種・職種によってある程度電話対応を行う上での型のようなものは決まっているかと思いますので、基本的な対応は則りつつも電話応対の満足度を更に高めるためにも、オリジナルな対応をプラスした基本対応を決めておくのがベストでしょう。

次にそれぞれの状況別の対応に関してですがこれは、最初に電話を受け取った、行った際の第一声・こちらから伝言を受ける、お願いする場合の対応・相手の名前を伺う、自分の名前を伝える場合等が例として挙げられます。様々な場面・状況に対応する場合のトークスクリプトを事前に決めておく、というとより分かりやすいでしょうか。

また上記に挙げた基本的に起こりうる場面や状況にプラスして、会社やサービスに関する独自の質問内容に対してもトークスクリプトをしっかりと決めておく必要があります。会社のHP上に掲載されているQ&A、普段ご自身が電話対応を行う上で頻繁に起こるやり取りや非常に問い合わせを受けることの多い内容、これらに関して漏れを起こす事無くしっかりと質問・対応方法をまとめておけば大きな問題は発生しないでしょう。

そして最後がクレーム・緊急時の対応です。これは文字通りクレームが発生した場合にどのような対応を行うのかを決めておくものとなります。業種・職種によって起こりうるクレームの種類は様々です。基本的なクレーム内容を抑えるのはもちろんのこと、過去に対応を行った・もしくは耳にしたことのある稀なクレームのケースも含め、漏れを起こすことなく事前にしっかりと対応策をまとめておきましょう。

また緊急時の対応ですが、これはどのケースにも当てはまらないような質問や対応が求められた場合等が挙げられます。マニュアルは常に更新を行い最適化していくものです。一度作成して完成という単純なものではないため、事前にあらゆる対応を網羅したマニュアルを作成した場合でも完全にカバーを行うのは難しいでしょう。こういった状況を迎えた場合には一旦折返しの対応をするなり、電話代行サービス業者と依頼主同士で一度情報の共有を行った上で対応を行うのがベターですが、その点も事前に対応策をしっかりと決めておけば混乱を起こすことなく安心です。

以上が電話対応のマニュアル作成におけるポイント・注意点の簡単なまとめとなります。マニュアルの作成は依頼を行った電話代行のサービス業者が主体的に作成を進める形となりますが、漏れを無くす事やより質の高いマニュアルを作成するためにもしっかりと作成に携わる・要望を伝えていくのが望ましいです。

また、このランキングサイトでご紹介している電話代行サービス業者は、人気・サービスの質が高い大手の電話代行業者ばかりです。様々な 点を含め比較や検討を重ね、理想とする電話代行業者を是非見つけてみて下さい。